ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

単行本

ヒョウスベノクニ

植民人喰い条約

ひょうすべの国

笙野 頼子

単行本 46 ● 280ページ
ISBN:978-4-309-02520-9 ● Cコード:0093
発売日:2016.11.29

定価2,160円(本体2,000円)

○在庫あり

  • ひょうすべに支配され、暴力と抑圧が加速する世界で、詩歌は生き延びることができるのか……腐敗した現代社会に亀裂を穿つ、笙野頼子の新たなる地平!

    【内容紹介】
    暴走する現代社会と市場経済の行きつく地獄を、知っていた文学
    世紀を超えて警告する作家・笙野頼子の「放送禁止」条項、ついに刊行!!

    TPP反対を叫んだ小説の刊行が、皮肉にもその批准を論ずる臨時国会の最中!
    「病人殺すな赤ちゃん消すな田畑無くすな奴隷になるな」「TPP通れば人喰い通る」「TPP流せ憲法戻せ」。IMFは、地球600社世界企業は、殺す気か? 人類を? 「こども、いのち、くすり、ことば、すべて人喰いのえじき」。
    この瀬戸際も国民の多くが自国の危機を知らない! 壁が? 柱が? いやもう国がなくなるんだ、それが大本営様の「ペンのお力」! 腑抜け報道と隠蔽放送の罠を抜けて伝われ! 今、想像力が闇を超える!

              *     *     *

    現実の「人喰いの国」日本を、文学的想像力が転覆する。
    時代の幻視者にして予言者の語りの魔術に戦慄する。
    ――安藤礼二(文芸批評)

    読中読後の怖気をぜひ心身に棲みつかせて欲しい。
    知らない感じない興味ない覚えてない、
    それが彼ら(ひょうすべ)を肥え太らす好餌となる。
    ――小山田浩子(作家)

    この国で女であることは地獄を生きることなのだと思う。
    だから、作家と対話するように読んだ。
    命、取り返すために。
    ――北原みのり(作家)

    私たち奴隷が「奴隷かも」と気付くための
    ラストチャンスですよ。
    ――武田砂鉄(ライター)

    ディストピアなんて、ただの現実のことだ。
    私もウラミズモに移民申請したい。今すぐ。
    ――松田青子(作家)

    【あらすじ】
    「NPOひょうげんがすべて(ひょうすべ)」と「知と感性の野党労働者党(知感野郎)」が政権を握った国・にっほん。そこでは人殺しの〈自由〉、弱者を殴る〈平等〉、餓死と痴漢強姦の偏りなき〈博愛〉がまかり通っていた――。
    千葉県S倉市に住む埴輪詩歌は、「指導教授」でもある最愛の祖母・豊子をひょうすべに殺される。母が営む花屋は世界企業に潰され、父は「少女遊郭」に入り浸り死んだ。やむなく詩歌は少女遊郭の「ヤリテ」見習いに入るがたちまち馘、そこで出会った夫も、人喰いの餌食に。時は流れ、権力者からの求愛、世界を揺るがす手紙がもたらされたのだが……詩歌の〈生〉とは何であったのか!? 地に堕ちた自由と民主主義を問い直す、予言的物語。

  • 【目次】
    植民人喰い条約 ひょうすべの国
     ご挨拶
     1 こんにちは、これが、ひょうすべ、です
       ――TPP批准後、その施政方針のための記者会見
     2 ひょうすべの約束
     3 おばあちゃんのシラバス
     4 人喰いの国
     5 埴輪家の遺産
     6ひょうすべの菓子
     7 ひょうすべの嫁
     後書き
    姫と戦争と「庭の雀」

著者

笙野 頼子 (ショウノ ヨリコ)

1956年生まれ。81年「極楽」で群像新人賞を受賞。「なにもしてない」で野間文芸新人賞、「二百回忌」で三島賞、「タイムスリップ・コンビナート」で芥川賞、「幽界森娘異聞」で泉鏡花賞、「金毘羅」で伊藤整文学賞を受賞。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳