ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

カンショウテキナゴゴノコーヒー

感傷的な午後の珈琲

小池 真理子

単行本 46 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-02606-0 ● Cコード:0095
発売日:2017.09.22

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

  • 性はすなわち、生きることである――。生と死とエロスの芳醇な世界を描き、読者を魅了し続ける著者が、十二年ぶりに放つ貴重なエッセイ集。人生の輝き、ときめきを瑞々しい言葉で紡ぐ46篇!

著者

小池 真理子 (コイケ マリコ)

1952年、東京生まれ。成蹊大学文学部卒業。96年『恋』で直木賞、98年『欲望』で島清恋愛文学賞、2006年『虹の彼方』で柴田錬三郎賞、13年『沈黙のひと』で吉川英治文学賞を受賞。著書多数。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

本作には46篇のエッセイが収録されており
ここ数年の著者の小説に見られる生、死、性が美しく丁寧な文章で綴られています。

特に印象に残ったのは著者と百年前のエラールと言う名のピアノとの出会い。
様々な偶然の成せる技なのか、はたまた必然だったのか、読んでいて私にはそれが「縁」の様に思えました。
今から20年以上前、小池さんの本を手に取っていなければ、今こうしてこの本に出会う事もなかったかも知れず自分自身の出来事と照らし合わせながら読ませて頂きました。

愛猫、両親、作家仲間との別れなど、淡々とそして静かな言葉の中に深い哀しみと愛情が込められていて時に切なく感慨深く読みました。

それにしても小池さんの作られるブランチ、脳内映像で描いただけでも本当に美味しそうでした。
読み応えのある素敵なエッセイです。 (four-leaf clover さん/ 女性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳