ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

単行本

エランダコドクハヨイコドク

選んだ孤独はよい孤独

山内 マリコ

受賞
朝日

単行本 46 ● 176ページ
ISBN:978-4-309-02685-5 ● Cコード:0093
発売日:2018.05.29

定価1,296円(本体1,200円)

△2週間~

  • 地元から出ようとしない二十代、女の子が怖い男子高校生、仕事が出来ないあの先輩……。人生にもがく男性たちの、それぞれの抱える孤独を浮かび上がらせる、愛すべき19の物語。

    「女のリアル」の最高の描き手・山内マリコが、
    今度は「男のリアル」をすくいあげる、新たなる傑作登場!

    「人生の正解」を求めてもがく男たちの
    絶対絶命っぷりに痺れました。
    ――穂村弘(歌人)

    微笑みながらジャブを打たれ、
    気づけばノックアウトに持ち込まれる、
    そういう作品集です。
    ――武田砂鉄(ライター)

    この本は、いま以外の生き方もあるし、
    なんとかなるんじゃないのっていう、
    男性へのポジティブなメッセージです。
    ――田中俊之(社会学者)

    面白かった! というか、身につまされる!
    男性作家が女を、女性作家を男が書くと、ほぼ必ず感じる、
    なんとなくの違和感が一切なかった。
    これってすごいことですよ。
    ――海猫沢めろん(作家)

    僕はこういう小説を待っていたんですよ、山内さん!
    本当にキレッキレな物語ばかりで
    作家・山内マリコの才能にただひれ伏すばかり。
    世の男性諸君は是非とも読んで欲しい。
    ――小川英則(丸善ラゾーナ川崎店)

  • 【目次】
    男子は街から出ない
    さよなら国立競技場
    女の子怖い
    彼女の裏アカ物語
    「ぼく」と歌うきみに捧ぐ
    あるカップルの別れの理由
    ミュージシャンになってくれた方がよかった
    本当にあった話
    ぼくは仕事ができない
    型破りな同僚
    事情通K
    「おれが逃がしてやる」
    仮想通貨
    いつか言うためにとってある言葉
    愛とは支配すること
    子供についての話し合い
    ファーザー
    心が動いた瞬間、シャッターを切る
    眠るまえの、ひそかな習慣

著者

山内 マリコ (ヤマウチ マリコ)

1980年富山県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒。小説に『ここは退屈迎えに来て』『アズミ・ハルコは行方不明』『かわいい結婚』『あのこは貴族』『メガネと放蕩娘』他、エッセイに『皿洗いするの、どっち?』他。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳