ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

単行本

フドウトクオカアサンコウザ

不道徳お母さん講座

私たちはなぜ母性と自己犠牲に感動するのか

堀越 英美

単行本 46変形 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-02715-9 ● Cコード:0095
発売日:2018.07.27(予定)

予価1,512円(本体1,400円)

※未刊

  • お母さんライターが、日本の「道徳」のタブーに踏み込み、軽やかに、完膚なきまでに解体! 歴史をさかのぼり、母性幻想と感動に満ちた「道徳観」がいかにつくられたか明らかにする一冊。

著者

堀越 英美 (ホリコシヒデミ)

1973年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。著書に『萌える日本文学』、『女の子は本当にピンクが好きなのか』。翻訳書に、テクノロジーや空想の世界を親子で共有するための指南書『ギークマム』がある。2女の母。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳