ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

単行本

ハラスメントゲーム

ハラスメントゲーム

井上 由美子

単行本 46 ● 304ページ
ISBN:978-4-309-02739-5 ● Cコード:0093
発売日:2018.10.08

定価1,620円(本体1,500円)

△2週間~

  • 大手スーパーを舞台に、コンプライアンス室長に任命された主人公が、部下とともにセクハラ、パワハラ等々さまざまな難題に立ち向かう痛快エンタメ企業小説。人気脚本家、待望の初小説!

    『白い巨塔』『14才の母』『昼顔~水曜午前3時の恋人たち~』『緊急取調室』『BG~身辺警護人~』など社会派ヒューマンドラマを描く人気脚本家・井上由美子、待望の小説デビュー作!

    今話題のコンプライアンス室を舞台に、さまざまなハラスメント問題と会社の闇を描く、スリリングなエンタメ企業小説!


    かつて凄腕で鳴らし、あることをきっかけに地方に飛ばされていた秋津渉(あきつ わたる)がマルオーホールディングス本社に呼び戻され、コンプライアンス室長に任命された。
    会社のリスクマネジメント業務を携わるコンプライアンス室には、セクハラ、パワハラ、パタハラなど一筋縄ではいかないハラスメント問題が山積みで、唯一の部下である高村真琴(たかむらまこと)とともに難題に立ち向かっていく。
    経営を揺るがしかねないハラスメント問題を解決していくうちに、三代目社長と実力者の常務との対立に巻き込まれ、さらに会社存続に関わる深い闇があることがわかってくる。
    果たして秋津たちは会社の危機を救うのか? それとも――。

著者

井上 由美子 (イノウエ ユミコ)

兵庫県神戸市出身、立命館大学卒業後、テレビ東京勤務を経て、1991年、脚本家デビュー。『ひまわり』『GOOD LUCK!!』『白い巨塔』『14歳の母』『マチベン』『昼顔』など。向田邦子賞ほか多数受賞。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳