ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

単行本

サヨナラノギシキ

さよならの儀式

宮部 みゆき

単行本 46 ● 416ページ
ISBN:978-4-309-02807-1 ● Cコード:0093
発売日:2019.07.11

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

  • 親子の救済、老人の覚醒、30年前の自分との出会い、仲良しロボットとの別れ、無差別殺傷事件の真相、別の人生の模索……淡く美しい希望が灯る。宮部みゆきの新境地、心ふるえる作品集。

    『さよならの儀式』刊行によせて
    〈10年前、新しく始まるSFアンソロジー『NOVA』(大森望責任編集、河出文庫)に参加しませんか----と誘っていただいたとき、これまでのような「なんとなくSF」ではなく、「ちゃんとSF」を書こうと思いました。その積み重ねで出来上がったのが本書です。歳月のなかで私が変化したところと変化しないところが浮かび上がり、作家的血液検査の結果を見るようで、嬉しくもあり恐ろしくもある作品集になりました。〉----宮部みゆき

    収録作品(全8編)
    「母の法律」
    虐待を受ける子供とその親を救済する奇蹟の法律「マザー法」。でも、救いきれないものはある。
    「戦闘員」
    孤独な老人の日常に迫る侵略者の影。覚醒の時が来た。
    「わたしとワタシ」
    45歳のわたしの前に、中学生のワタシが現れた。「やっぱり、タイムスリップしちゃってる!」
    「さよならの儀式」
    長年一緒に暮らしてきたロボットと若い娘の、最後の挨拶。
    「星に願いを」
    妹が体調を崩したのも、駅の無差別殺傷事件も、みんな「おともだち」のせい?
    「聖痕」
    調査事務所を訪れた依頼人の話によれば----ネット上で元〈少年A〉は、人間を超えた存在になっていた。
    「海神の裔」
    明治日本の小さな漁村に、海の向こうから「屍者」のトムさんがやってきた。
    「保安官の明日」
    パトロール中、保安官の無線が鳴った。「誘拐事件発生です」なぜいつも道を間違ってしまうのか……

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳