ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

ムコウダクニコノホンダナ

向田邦子の本棚

向田 邦子

単行本 A5 ● 168ページ
ISBN:978-4-309-02834-7 ● Cコード:0095
発売日:2019.11.19

定価1,980円(本体1,800円)

△2週間~

  • 「本屋の女房になりたかった」という著者の膨大な蔵書の中から、小説やアート、「食いしん坊に贈る100冊」など、愛読書と本をめぐるエッセイを紹介。他に単行本未収録エッセイ、対談等。

    「本屋の女房になりたかった」著者の生誕90年、今はじめて触れる作家の原点!

    向田邦子が遺した膨大な蔵書から、脚本、エッセイ・小説の糧となった本、自身が選んだ「食いしん坊に贈る100冊の本」、アート、旅や猫の本など、貴重な本の数々を撮り下ろしカラー写真で紹介する。ほかに本をめぐるエッセイ、単行本未収録エッセイ・対談など多数収録。

  • ~もくじ~

    「本屋の女房」

    【本棚Ⅰ 脚本、エッセイ・小説の糧となった蔵書】

    同時代小説 
    「心にしみ通る幸福」
    惚れ込んだ野呂邦暢作品 
    多ジャンルの全集 
    「一冊の本 吾輩は猫である(夏目漱石著)」
    ドラマ化も手掛けた古典 
     「作者ノート 劇的に生きた女の隣りには……」 
    「源氏物語・点と線」
    社会派ノンフィクション 
    「コラム 私の買った本」
    辞典好き 
    「国語辞典」
    憧れの詩集
    お気に入りの骨董 
    日々のアート 
    藤田嗣治の猫  
    長谷川利行の「少女像」
    中川一政の書画 
    「コラム 今年の二冊・文春図書館」

    ◎対談 なりたかったのは巫女さんと本屋のお嫁さん
    イーデス・ハンソン×向田邦子 

    【本棚Ⅱ 食いしん坊蔵書――向田邦子が選んだ食の本】

    「食いしん坊に贈る100冊の本 向田邦子からのメッセージ」
    食いしん坊に贈る100冊の本
    おそうざい十二カ月 
    美味三昧 ロートレックの料理書 
    辻嘉一の料理の本 
    つけもの常備菜 
    たのしいフランス料理 
    戦争中の暮しの記録  

    ◎対談 ホームドラマの食卓
    鴨下信一×向田邦子 

    単行本未収録・エッセイ 

    「声なき声が語る 男の告白」 
    「書評 酒呑みのまよい箸」
    「解説 おんな舞台」
    「前略 倉本聰様」
    「家族熱」
    「ごあいさつ 中川一政先生の米寿のお誕生日を祝う会」

    【本棚Ⅲ 好きなもの蔵書――旅と猫・動物の本】


    読んで旅した海外 
    「旅のエッセイから」 
    シルクロード 
    愛しい猫 
    CATS 
     「猫自慢」
    動物への探究 
     
    ◎対談 テレビドラマの中の家族像
     藤久ミネ×向田邦子 

     私立向田図書館 久世光彦 
     姉と本 向田和子 
     
     年譜 
     編集あとがき

著者

向田 邦子 (ムコウダ クニコ)

1929年東京生まれ。放送作家としてラジオ・テレビで活躍。「だいこんの花」「寺内貫太郎一家」等。1980年に短篇小説「思い出トランプ」で直木賞受賞したが、81年8月飛行機事故で急逝。『父の詫び状』等。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳