ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

一人の女子大生が毒を飲んだ。自殺か他殺か、あるいは事故なのか。
凍えるような孤独と温かな優しさを同時に秘めたイーユン・リーの新作長編。

単行本

ヒトリデイルヨリヤサシクテ

独りでいるより優しくて

イーユン・リー

篠森 ゆりこ

受賞
朝日、読売、毎日、日経

単行本 46変形 ● 392ページ
ISBN:978-4-309-20675-2 ● Cコード:0097
発売日:2015.07.06

定価2,808円(本体2,600円)

○在庫あり

  • ある女子大生が被害者となった毒物混入事件を核に、事件に関係した当時高校生の3人の若者が抱えつづけた深い孤独を描く。中国の歴史の闇を背景に、犯罪ミステリーの要素も交えた傑作。

著者

イーユン・リー (リー,Y)

1972年北京生まれ。北京大学卒業後渡米、アイオワ大学に学ぶ。2005年、短篇集『千年の祈り』でフランク・オコナー国際短編賞,PEN/ヘミングウェイ賞など数々の賞を受ける。現在カリフォルニア州在住。

篠森 ゆりこ (シノモリ ユリコ)

翻訳家。訳書に、イーユン・リー『千年の祈り』『さすらう者たち』『黄金の少年、エメラルドの少女』『独りでいるより優しくて』、クリス・アンダーソン『ロングテール』、サム・ゴズリング『スヌープ!』など。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

この小説は、約めていえば、東洋的感性と西洋的知性によって書かれた人間物語である。毒入り事件をめぐって、疑惑と不信と孤独に生きた人たちの在り様を、巧緻な文章で表現しているところに、本著の醍醐味があり、素晴らしい魅力となっている。 (合田盛文 さん/ 男性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳