ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

単行本

コドモノセカイ

コドモノセカイ

岸本 佐知子 編集

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-20687-5 ● Cコード:0097
発売日:2015.10.27

定価2,052円(本体1,900円)

○在庫あり

  • とても孤独で、暗くきらめく、幼いときだけ見えていた、決して忘れられない小さな世界たち。名翻訳者が「子供」をテーマに選りすぐった、アリ・スミス、ステイシー・レヴィーン他12篇。

    とても孤独で、暗くきらめく、幼いときだけ見えていた、決して忘れられない小さな世界たち。
    名翻訳者が「子供」をテーマに選りすぐった、誰も読んだことのない全12篇。

    僕の家は宇宙人に侵略されてしまった、絶対に。(リッキー・デュコーネイ「まじない」)

    親友は、ブタの貯金箱。(エトガル・ケレット「ブタを割る」)

    私の弟は、私の腰から生えている。(ステイシー・レヴィーン「弟」)

    動物たちとの、ひと夏の秘密の遊び。(ジョー・メノ「薬の用法」)

    世にも美しい捨て子がしゃべりだしたら……?(アリ・スミス「子供」)

    忘れられた図書館で育てられた少女のお話。(エレン・クレイジャズ「七人の司書の館」)他

    「ここに出てくる子供たちのほとんどは、孤独だったり、弱かったり、ひねくれていたり、
     卑怯だったり、とにかくただもう変だったりする。
     話の最後に輝きを与えられもしなければ、成長もしない。
     ただ、どの子供も、どの話も、読んでいてひりひりするほど『あの頃』のリアルさを
     (すくなくとも私にとっては)感じさせてくれる」——岸本佐知子(「訳者あとがき」より)

  • 《目次》
    「まじない」リッキー・デュコーネイ
    「王様ネズミ」カレン・ジョイ・ファウラー
    「子供」アリ・スミス
    「ブタを割る」エトガル・ケレット
    「ポノたち」ピーター・マインキー
    「弟」ステイシー・レヴィーン
    「最終果実」レイ・ヴクサヴィッチ
    「トンネル」ベン・ルーリー
    「追跡」ジョイス・キャロル・オーツ
    「靴」エトガル・ケレット
    「薬の用法」ジョー・メノ
    「七人の司書の館」エレン・クレイジャズ

著者

岸本 佐知子 (キシモト サチコ)

1960年生まれ。翻訳家。主な訳書にM・ジュライ『いちばんここに似合う人』、L・デイヴィス『ほとんど記憶のない女』。編訳書に『居心地の悪い部屋』他。著書に『気になる部分』、『ねにもつタイプ』がある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳