ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

単行本

ナナツノカラッポナイエ

七つのからっぽな家

サマンタ・シュウェブリン

見田 悠子

単行本 46変形 ● 192ページ
ISBN:978-4-309-20770-4 ● Cコード:0097
発売日:2019.05.28

定価2,160円(本体2,000円)

○在庫あり

  • 全裸で戯れる祖父母と孫、崩壊した夫婦、怪しい男と少女の交流……日常に潜む狂気をえぐりだす「家」をめぐる7つの短篇。国際ブッカー賞最終候補、ラテンアメリカ新世代の旗手の代表作。

著者

サマンタ・シュウェブリン (シュウェブリン,S)

1978年ブエノスアイレス生まれ。文芸誌「グランタ」で35歳以下の最も有望なスペイン語作家に選ばれる。2014年「不運な男」でフアン・ルルフォ賞受賞。2017年『救える距離』で国際ブッカー賞最終候補。

見田 悠子 (ミタ ユウコ)

東京大学大学院現代文芸論研究室博士課程。ガルシア=マルケス、キューバ文学専攻。学術振興会特別研究員。訳書に、ジョシュ『バイクとユニコーン』(東宣出版)など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳