ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 民俗

単行本

イタンノミンゾクガク

異端の民俗学

差別と境界をめぐって

礫川 全次

単行本 46 ● 212ページ
ISBN:978-4-309-22451-0 ● Cコード:0039
発売日:2006.04.19

定価2,200円(本体2,000円)

×品切・重版未定

  • 稲作以外の境界で暮らす差別された人々を研究してきた、喜田貞吉、中山太郎らの先駆的民俗学者の業績に今日的な光をあて、柳田民俗学の盲点を補強する、画期的な試み。

著者

礫川 全次 (コイシカワ ゼンジ)

1949年、東京都生まれ。東京教育大学文学部卒業。ノンフィクション・ライター。歴史民俗学研究会代表。著書に『サンカと説教強盗』『戦後ニッポン犯罪史』『大津事件と明治天皇』、共著に『犯罪の民俗学』『女装の民俗学』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳