検索結果

礫川 全次 (コイシカワ ゼンジ)

1949年、東京都生まれ。東京教育大学文学部卒業。ノンフィクション・ライター。歴史民俗学研究会代表。著書に『サンカと説教強盗』『戦後ニッポン犯罪史』『大津事件と明治天皇』、共著に『犯罪の民俗学』『女装の民俗学』など。

5件中 15件を表示 | 表示件数   件

隠語の民俗学

歴史・地理・民俗

隠語の民俗学
差別とアイデンティティ

礫川 全次

泥棒などの反社会的集団や、漂泊民・芸能民の間で使われていた隠語は、全く別の流通をしたのではないことをつきとめる、初めての隠語の民俗学。

  • 単行本 / 196頁
  • 2011.11.28発売
  • ISBN 978-4-309-22554-8

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
サンカと説教強盗

文庫・新書

サンカと説教強盗
闇と漂泊の民俗史

礫川 全次

昭和初期、帝都西北部の新興住宅地をねらう強盗が跋扈した。説教強盗妻木松吉。その兇悪な手口から捜査当局は説教サンカ説を流す。後のサンカ小説家三角寛らも関わった事件の真相を追う。

  • 河出文庫 / 224頁
  • 2010.09.07発売
  • ISBN 978-4-309-41036-4

定価821円(本体760円)

×品切・重版未定

詳細を見る
先住民と差別

歴史・地理・民俗

先住民と差別
喜田貞吉歴史民俗学傑作選

喜田 貞吉 著 礫川 全次

歴史学と民俗学の博捜する知見と鋭い洞察力を駆使して、先住土着民と差別の問題を追究した文章の集大成。国栖、手長足長、蝦夷から、くぐつ、サンカ、憑き物、人柱まで。差別の根源に遡る。

  • 単行本 / 300頁
  • 2008.01.23発売
  • ISBN 978-4-309-22477-0

定価2,376円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
タブーに挑む民俗学

歴史・地理・民俗

タブーに挑む民俗学
中山太郎土俗学エッセイ集成

中山 太郎 著 礫川 全次

柳田国男門下でありながら、常民の民俗学の枠をはみだし、物的なテーマにも大胆に取り組んだ中山の論考が今に蘇る。人柱伝説に切り込んだ「田植に女を殺す土俗」「本朝変態葬礼史」等傑作17本。

  • 単行本 / 256頁
  • 2007.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-22462-6

定価2,160円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る
異端の民俗学

歴史・地理・民俗

異端の民俗学
差別と境界をめぐって

礫川 全次

稲作以外の境界で暮らす差別された人々を研究してきた、喜田貞吉、中山太郎らの先駆的民俗学者の業績に今日的な光をあて、柳田民俗学の盲点を補強する、画期的な試み。

  • 単行本 / 212頁
  • 2006.04.19発売
  • ISBN 978-4-309-22451-0

定価2,160円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る