単行本

サンシュノジンギ

三種の神器

〈玉・鏡・剣〉が示す天皇の起源

戸矢 学

受賞
朝日 / 全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 204ページ
ISBN:978-4-309-22583-8 ● Cコード:0039
発売日:2012.12.05

定価1,870円(本体1,700円)

×品切・重版未定

  • 天皇とは何か、神器はなぜ天皇に祟ったのか!? じつはよく知られていない、天皇を天皇たらしめる三種の神器の歴史と実際を掘り下げ、日本の国と民族の根源を解き明かす。

    ●誤植のお詫び
    帯裏の、三種の神器の鎮座場所の記述に間違いがありました。 
    ここに深くお詫びいたしますとともに、訂正させていただきます。

    「八咫鏡」→伊勢・皇大神宮〔内宮〕
    「草薙剣」→名古屋・熱田神宮
    「八尺瓊勾玉」→東京・宮中

著者

戸矢 学 (トヤ マナブ)

1953年、埼玉県生まれ。國學院大學文学部神道学科卒。神道・陰陽道研究において、独自の視点からアプローチを提示し、常に新たな問題・課題を提起する。主著に『卑弥呼の墓』『日本風水』『陰陽道とは何か』ほか。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳