ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 日本の歴史

単行本

コキョウノヒミツ

古鏡のひみつ

「鏡の裏の世界」をさぐる

新井悟(元川崎市市民ミュージアム学芸員)

単行本 A5 ● 120ページ
ISBN:978-4-309-22746-7 ● Cコード:0021
発売日:2018.09.21

定価1,782円(本体1,650円)

○在庫あり

  • 天皇家の「三種の神器」に鏡があるように、日本には、古代から鏡を神聖なものと見なす文化がある。日本や中国の古鏡の見るべきポイントをわかりやすく図示し、日本の鏡文化の変遷をたどる。

著者

新井悟(元川崎市市民ミュージアム学芸員) (アライサトル)

元・川崎市市民ミュージアム学芸員。現・川崎市教育委員会文化財課。専門は考古学。展示を担当した企画展「古鏡―その神秘の力―」(2015年)は、鏡に託された古代人の世界観を取り上げて、好評を博した。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳