単行本

ニホンシャカイガオウムヲウンダ

日本社会がオウムを生んだ

宮内 勝典

高橋 英利

受賞
日本図書館協会選定図書

単行本 46 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-24214-9 ● Cコード:0036
発売日:1999.03.20

定価1,980円(本体1,800円)

×品切・重版未定

  • 金とSEXと嘘にまみれた日本社会に絶望した若者たちは、救済という幻想に身をゆだね地獄に堕ちた。元オウム信者の若者と、作家の渾身の対談。オウム現象の根底が初めて解き明かされる!!

著者

宮内 勝典 (ミヤウチ カツスケ)

1944年、ハルビン生まれ。著書に『南風』(文藝賞)、『金色の象』(野間文芸新人賞)、『焼身』(読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞)、『魔王の愛』(伊藤整文学賞)他多数。

高橋 英利 (タカハシ ヒデトシ)

1967年、立川市生まれ。信州大学大学院中退、元オウム真理教信者。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳