戦後70年、必読!
戦中・戦後の戦争論を初めて集成した決定版

単行本

センソウハドノヨウニカタラレテキタカ

戦争はどのように語られてきたか

河出書房新社編集部

受賞
東京

単行本 A5 ● 248ページ
ISBN:978-4-309-24708-3 ● Cコード:0030
発売日:2015.05.25

定価2,052円(本体1,900円)

○在庫あり

  • 戦中・戦後を通じ、戦争についてどのような思想的・哲学的考察がなされてきたのか。戦争を巡る言論を歴史を追ってまとめる。論点はどう変化したか、何が変わらなかったか。【特別対談】加藤典洋×原武史。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳