ジャンル: 
  1. 政治・経済・社会 > 
  2. 社会

単行本

セイトコッカ

性と国家

北原 みのり

佐藤 優

単行本 新書 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-24785-4 ● Cコード:0036
発売日:2016.11.29

定価886円(本体820円)

○在庫あり

  • なぜ日本軍「慰安婦」問題は解決しない? 沖縄基地問題の本質とは? この国がロリコン天国な理由とは――日本の「性」にまつわる時事問題から普遍的ジェンダー論まで、縦横無尽に語る!

    ────────────────────────────
    なぜ日本軍「慰安婦」問題は解決しないのか?
    沖縄基地問題の真の意味は?
    日本がロリコン天国である理由とは───?

    日本の「性」にまつわる時事問題から普遍的ジェンダー論まで。最先鋒フェミニスト×元・外務省主任分析官が、縦横無尽に赤裸々に、この国の歪みを暴き出す!
    性の視点で語る、新しい国家論!

    【目次より】
    第一章 この国の性癖
    ●野蛮な国家システム
    ●なぜ「売春」と「自己決定」がセットで語られるのか
    ●愛国とアダルトビデオ
    ●国に管理される「性」
    ●強かん神話の真っ赤なウソ …etc.

    第二章 戦争と性
    ●沖縄問題の報道の異常さ
    ●ナショナリズムと性暴力の関係性
    ●沖縄への差別構造
    ●『帝国の慰安婦』をめぐる論争
    ●日韓合意で捨てられたもの
    ●究極の男女平等とは……? …etc.

    第三章 性の売買を強いる国、ニッポン
    ●「セックスワーク」という言葉が隠すもの
    ●売買春はネットワークビジネスである⁉︎
    ●ポルノカントリーのファンタジー
    ●「ねずみ男」が日本でいちばんいい男?
    ●ドストエフスキーが感じた恐怖 …etc.

著者

北原 みのり (キタハラ ミノリ)

1970年神奈川県生まれ。作家。津田塾大学卒。96年フェミニズムの視点で女性のためのセックストーイショップ「ラブピースクラブ」設立。著書に『毒婦。』、『奥さまは愛国』『性と国家』(共著)など多数。

佐藤 優 (サトウ マサル)

1960年東京都生まれ。作家・元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科修了。著書に、『国家の罠』『自壊する帝国』『人間の叡智』『組織の掟』『神学の思考』『聖書を語る』(共著)など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳