ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

単行本

イミガナイムイミ

意味がない無意味

千葉 雅也

単行本 46 ● 296ページ
ISBN:978-4-309-24892-9 ● Cコード:0010
発売日:2018.10.27

定価1,944円(本体1,800円)

△2週間~

  • 頭を空っぽにしなければ、行為できない……ベストセラー『動きすぎてはいけない』『勉強の哲学』で注目の哲学者が、「身体と行為」の本質へ迫る、待望の論集! 千葉雅也十年の成果。


  • 目次

    はじめに

    意味がない無意味──あるいは自明性の過剰

    Ⅰ 身体
    思考停止についての試論──フランシス・ベーコンについて
    ズレと元々──田幡浩一「one way or another」展に寄せて
    パラマウンド──森村泰昌の鼻
    不気味でない建築のために

    Ⅱ 儀礼
    世界の非理由、あるいは儀礼性──メイヤスー『有限性の後で』から出発して
    あなたにギャル男を愛していないとは言わせない──倒錯の強い定義
    さしあたり採用された洋食器によって──金子國義への追悼
    四分三十三秒のパラダイス

    Ⅲ 他者
    美術史にブラックライトを当てること──クリスチャン・ラッセンのブルー
    思弁的実在論と無解釈的なもの
    アンチ・エビデンス──九〇年代的ストリートの終焉と柑橘系の匂い
    動きすぎてはいけない──ジル・ドゥルーズと節約

    Ⅳ 言語
    言語、形骸、倒錯──松浦寿輝『明治の表象空間』
    批判から遠く離れて──二〇一〇年代のツイッター
    緊張したゆるみを持つ言説のために
    此性を持つ無──メイヤスーから九鬼周造へ

    Ⅴ 分身
    独身者のソォダ水──長野まゆみについて
    タナトスのラーメン──きじょっぱいということ
    別名で保存する──『海辺のカフカ』をめぐって供される作品外 

    Ⅵ 性
    マラブーによるヘーゲルの整形手術──デリダ以後の問題圏へ
    エチカですらなく──中島隆博『『荘子』──鶏となって時を告げよ』
    単純素朴な暴力について
    力の放課後──プロレス試論

著者

千葉 雅也 (チバ マサヤ)

1978年生まれ。哲学/表象文化論。フランス現代哲学の研究と、美術・文学・ファッションなどの批評を連関させて行う。著書に『動きすぎてはいけない』『別のしかたで』『勉強の哲学』などがある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳