古代の伝説には、へんてこな怪物がたくさんいる!
プリニウスの『博物誌』に登場する怪物たちを生んだ「奇抜な想像力」と「愉快な発想」の異世界へようこそ。

河出文庫 し1-67

プリニウストカイブツタチ

プリニウスと怪物たち

澁澤 龍彦

河出文庫 文庫 ● 200ページ
ISBN:978-4-309-41311-2 ● Cコード:0195
発売日:2014.08.06

定価814円(本体740円)

○在庫あり

  • 古代ローマの大博物学者プリニウスが書いた『博物誌』は当時の世界の見聞を収めた大事典として名高いが、なかでも火とかげサラマンドラや海坊主、大山猫など幻想的な動物たちが面白い! 新アンソロジー。

著者

澁澤 龍彦 (シブサワ タツヒコ)

1928-87年。東京生まれ。東大仏文科卒。マルキ・ド・サドの著作を紹介する一方、人間精神や文明の暗黒面に光をあてる多彩なエッセイを数多く発表。晩年は『高丘親王航海記』など小説に独自の世界を展開した。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳