全集・シリーズ

ズセツヒャッキヤギョウエマキヲヨム

新装版

図説 百鬼夜行絵巻をよむ

田中 貴子

花田 清輝

澁澤 龍彦

小松 和彦

単行本 A5変形 ● 112ページ
ISBN:978-4-309-76265-4 ● Cコード:0321
発売日:2017.12.22(予定)

予価1,944円(本体1,800円)

※未刊

  • 奇々怪々な妖怪たちがどこからともなくぞろぞろと現れて行列をなし、闇の京都を徘徊する……。日本のお化け画の驚嘆の源流を大徳寺所蔵の名品を中心に豊富な図版で「異界の達人」たちが紹介。待望の新装版

著者

田中 貴子 (タナカ タカコ)

一九六〇年、京都生まれ。広島大学大学院博士課程修了。甲南大学文学部教授。中世国文学。著書『<悪女>論』(紀伊國屋書店)、『外法と愛法の中世』(砂子屋書房)ほか。

花田 清輝 (ハナダ キヨテル)

一九〇九~七四年、福岡生まれ。京都大学英文科中退。文芸評論家、小説家、劇作家。「復興期の精神」、「アヴァンギャルド芸術」はじめ足すの作品を発表。『花田清輝著作集』(全七巻、未来社)がある。

澁澤 龍彦 (シブサワ タツヒコ)

1928-87年。東京生まれ。東大仏文科卒。マルキ・ド・サドの著作を紹介する一方、人間精神や文明の暗黒面に光をあてる多彩なエッセイを数多く発表。晩年は『高丘親王航海記』など小説に独自の世界を展開した。

小松 和彦 (コマツ カズヒコ)

1947年、東京生まれ。東京都立大学大学院(社会人類学)博士課程修了。現在、国際日本文化研究センター教授。民俗学、文化人類学双方を視野に入れ、一貫して鬼、妖怪、呪術、憑依といった日本文化の奥深くに潜む「闇」を透視し、日本人の心性を浮かび上がらせる特異な文化論を展開している。著書『神々の精神史』『憑依信仰論』『異人論』『神隠し』『妖怪学新考』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳