西洋音楽の礎
聖歌、ポリフォニー、記譜法、音楽教育…
キリスト教徒の関係と共に描く名著

河出文庫 か28-1

チュウセイオンガクノセイシンシ

中世音楽の精神史

グレゴリオ聖歌からルネサンス音楽へ

金澤 正剛

河出文庫 文庫 ● 320ページ
ISBN:978-4-309-41352-5 ● Cコード:0173
発売日:2015.02.06

定価1,188円(本体1,100円)

○在庫あり

  • 祈りの表現から誕生・発展したポリフォニー音楽、聖歌伝播のために進められた理論構築と音楽教育、楽譜の創造……キリスト教と密接に結び付きながら発展してきた中世音楽の謎に迫る。

著者

金澤 正剛 (カナザワ マサカタ)

1934年生まれ。ハーバード大学大学院博士課程修了(音楽学)。国際基督教大学名誉教授。専門はルネサンス音楽史。著書『古楽のすすめ』『キリスト教と音楽』、訳書『音楽家レオナルド・ダ・ヴィンチ』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳