河出文庫 い36-1

シサクノフチニテ

思索の淵にて

茨木 のり子

長谷川 宏

河出文庫 文庫 ● 192ページ
ISBN:978-4-309-41438-6 ● Cコード:0192
発売日:2016.02.08

定価814円(本体740円)

○在庫あり

  • ヘーゲル研究の第一人者・長谷川宏が、茨木の詩からおよそ三十篇を選び、それぞれに触発される思いをエッセイの形にまとめてゆく詩と哲学のデュオ。初めての文庫化。

著者

茨木 のり子 (イバラキノリコ)

詩人。1926ー2006年(生誕90年/没後10年)。詩作品に「わたしが一番きれいだったとき」、詩集に『倚りかからず』など。

長谷川 宏 (ハセガワ ヒロシ)

1940年生まれ。東京大学卒業。著書「ヘーゲルの歴史意識」「格闘する理性」他。訳書フッサール「経験と判断」ハーバーマス「イデオロギーとしての科学と技術」他。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳