河出文庫 や37-1

イエミツハナゼサコクヲシタノカ

家光は、なぜ「鎖国」をしたのか

山本 博文

河出文庫 文庫 ● 288ページ
ISBN:978-4-309-41539-0 ● Cコード:0121
発売日:2017.06.06(予定)

予価907円(本体840円)

※未刊

  • 東アジア情勢、貿易摩擦、宗教問題、特異な為政者──徳川家光政権時に「鎖国」に至った道筋は、現在の状況によく似ている。世界的にも「内向き」傾向の今、その歴史の流れをつかむ。

著者

山本 博文 (ヤマモト ヒロフミ)

1957年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修了。同大学史料編纂所教授を経て、同大学院情報学環・学際情報学府教授。専門は大奥女中や江戸官僚組織。『江戸お留守居役の日記』でエッセイスト・クラブ賞受賞。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳