河出文庫 み31-1

シンショウイッカオシマイノハナシ

志ん生一家、おしまいの噺

美濃部 美津子

河出文庫 文庫 ● 240ページ
ISBN:978-4-309-41633-5 ● Cコード:0176
発売日:2018.09.06

定価734円(本体680円)

○在庫あり

  • 昭和の名人・古今亭志ん生の長女が、志ん生を中心に、母、妹、弟(馬生、志ん朝)との、貧乏だが愉しく豊かな昭和の暮らしをふり返る。肉親にしか書けない名人たちの舞台裏。

著者

美濃部 美津子 (ミノベミツコ)

1924年生まれ。古今亭志ん生長女。志ん生のマネージャーもつとめた。著書に『三人噺 志ん生・馬生・志ん朝』『志ん生の食卓』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳