河出文庫 う15-2

マボロシノカンコクヒサベツミン

幻の韓国被差別民

「白丁」を探して

上原 善広

河出文庫 文庫 ● 296ページ
ISBN:978-4-309-41662-5 ● Cコード:0195
発売日:2019.01.09

定価972円(本体900円)

○在庫あり

  • 朝鮮半島に古来存在した、牛を解体し、箕作りに携わった被差別民「白丁」。彼らは現在どうしているのか。現地に滞在し、その跡を追い、差別の根源を考える。著者の処女作の待望の文庫化。



    巻頭の地図及び「韓国採訪二〇一四」中に掲載された写真3点につきましては、単行本版元であるミリオン出版/大洋図書の協力によるものであることをお詫びして付記させていただきます。

著者

上原 善広 (ウエハラ ヨシヒロ)

1973年、大阪府生まれ。ノンフィクション作家。大阪体育大学卒業。著書に、『日本の路地を旅する』(文藝春秋)、『私家版差別語辞典』(新潮選書)、『異形の日本人』『被差別の食卓』(新潮新書)など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳