河出文庫 ミ2-1

エドウィンマルハウス

エドウィン・マルハウス

スティーヴン・ミルハウザー

岸本 佐知子

河出文庫 文庫 ● 536ページ
ISBN:978-4-309-46430-5 ● Cコード:0197
発売日:2016.06.07

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

  • 十一歳で夭逝した天才作家の評伝を親友が書く。捨てられた遊園地、マンガ、アニメ映画、少女への恋……。ダークで狂熱的なコドモの世界を、幾重もの仕掛けで描いた傑作。伊坂幸太郎氏、西加奈子氏推薦

著者

スティーヴン・ミルハウザー (ミルハウザー,スティーヴン)

1943年ニューヨーク生まれ。小説家。72年本書でデビュー。96年『マーティン・ドレスラーの夢』でピューリツァー賞受賞。ほかに『イン・ザ・ペニー・アーケード』『バーナム博物館』『ナイフ投げ師』など。

岸本 佐知子 (キシモト サチコ)

1960年生まれ。翻訳家。主な訳書にM・ジュライ『いちばんここに似合う人』、L・デイヴィス『ほとんど記憶のない女』。編訳書に『居心地の悪い部屋』他。著書に『気になる部分』、『ねにもつタイプ』がある。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

ようやく読み終えました。
伝記作家って悪魔だな!というエドウィンの言葉が全てを物語っていました。
ジェフリーは完全犯罪に成功しているのに、自ら伝記に書いてしまうところが(書かなければ読者には伝わらないから、作品として書かざるを得ないのはさておき)伝記作家の性を感じました。エドウィンがあの時死ななければならないとジェフリーが凶行に及ぶのと、書かなければ知られることもないのに書かなければ伝記として正確でない。このジェフリーの恐ろしいまでの執念。伝記作家って悪魔ですね。
余談ですが、エドウィン・マルハウスは、以前から読みたいと思いながらも単行本に手がでなかったので、文庫で出して下さって、大変嬉しかったです。最近では石井桃子さんの作品も……。河出文庫はいつもラインアップが素晴らしくて、必ず本屋さんではチェックしております。いつもありがとうございます。 (ぽんか さん/37歳 女性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳