ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 日本の歴史

シリーズ: 
  1. 14歳の世渡り術

これからを生きる人のための新・歴史入門! 
いま知っておきたい重要ポイント、教えます!

全集・シリーズ

センゴニホンシノカンガエカタマナビカタ

戦後日本史の考え方・学び方

歴史って何だろう?

成田 龍一

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 240ページ
ISBN:978-4-309-61680-3 ● Cコード:0321
発売日:2013.08.22

定価1,296円(本体1,200円)

○在庫あり

  • 占領、55年体制、高度経済成長、バブル、沖縄や在日コリアンから見た戦後、そして今――これだけは知っておきたい重要ポイントを熱血レクチャー。未来を生きる人のための新しい歴史入門。

  • はじめに 歴史って何だろう?
    ◆ 日本人は歴史を知らない?
    ◆ 歴史は決まってしまったこと、ではない
    ◆ 身近な歴史を具体的に見てみよう

    第1章 戦争に負けてどうなった? 占領の話
    ◆ あの戦争を何と呼ぶ?
    ◆ 敗戦? 終戦?
    ◆ 8月15日という特別な日
    ◆ 日本はアメリカに占領された?
    ◆ ポイントは「非軍事化」と「民主化」
    ◆ その出来事を大事だと見なしたのは誰?
    ◆ 戦争は8月15日に終わったのではない?
    ◆ 玉音放送はどこまで届いた?
    ◆ 「東京裁判」のここが重要
    ◆ 教科書に書かれていない「占領」
    ◆ 民主化がスムーズに進んだわけではない
    ◆ 地味な出来事に深い意味があるかも
    ◆ 視点をずらすと見え方が変わる
    ◆ 教科書がひとつではない理由

    第2章 知ってる?「55年体制」って何?
    ◆ 君は『三丁目の夕日』を観たか
    ◆ 1958年——失われゆく記憶の世界
    ◆ 社会運動がさかんだったころ
    ◆ これがいわゆる「政治の季節」
    ◆ もはや戦後ではない
    ◆ 占領は終わったけれど
    ◆ 覚えておこう!「保守」と「革新」
    ◆ 1955年に何があった?
    ◆ 冷戦体制が終わり、55年体制も終わる
    ◆ なぜか政治の話になってしまう
    ◆ 記憶といってもいろいろなレベルがある
    ◆ 歴史と記憶はどうちがう?
    ◆ 歴史は生きるための知恵だった
    ◆ その歴史は誰が書いた?
    ◆ 歴史と記憶の深い関係
    ◆ 何が描かれていないか

    第3章 経済大国? それっていつのこと?
    ◆ あのころの経済の話をしよう
    ◆ 日本を改造?
    ◆ 東京オリンピックは経済大国のあかし
    ◆ 専業主婦・三種の神器・団地族
    ◆ 急な成長にはマイナス面もある
    ◆ オイルとニクソン、ふたつのショック
    ◆ 産業のかたちが変わってゆく
    ◆ そして、バブルがやってきた
    ◆ ようするに、バブルって何?
    ◆ いったん、まとめましょう
    ◆ 「右肩上がり」って、ほんとう?
    ◆ グラフをよーく見てみよう
    ◆ みんなが同じ経験をしたわけではない
    ◆ 置かれた立場によって歴史は異なる
    ◆ 人生の選択肢はたしかに増えた
    ◆ みな夢をもち、可能性に賭けた
    ◆ 都会のぎすぎすした眼差しのなかで
    ◆ 不況だと高度成長がバラ色に見える
    ◆ 歴史はあとから語られる
    ◆ 歴史は「いま」から逃がれられない

    第4章 「もうひとつの」戦後日本を見てみよう
    ◆ 「沖縄」の歴史から戦後を見てみよう
    ◆ 年表のつくられ方からちがう
    ◆ 基地問題はこうして始まった
    ◆ 復帰までの道のり
    ◆ 沖縄はないがしろにされてきた
    ◆ 「から」の歴史、「にとって」の歴史
    ◆ 「女性」の歴史から戦後を見てみよう
    ◆ 「女らしさ」って何?
    ◆ 「在日コリアン」の歴史から戦後を見てみよう
    ◆ 「誕生の瞬間から割れていた」
    ◆ 「われわれ」の歴史、「かれら」の歴史
    ◆ これまでの歴史の「狭まさ」を知ろう
    ◆ ふだんは見えない深いところへ入りこむ

    第5章 歴史は生きている これからの日本
    ◆ 戦後が終わらない?
    ◆ 「ベルリンの壁」崩壊が意味するもの
    ◆ 何と何が対立しているのか、わからない
    ◆ 戦後日本の変わり目が来た
    ◆ 自分で年表をつくってみる
    ◆ 1995年に何があった?
    ◆ 記憶している人がまだ生きている
    ◆ 出来事の意味はすぐにはわからない
    ◆ 大きな事件でイメージをつかむ
    ◆ 「当たり前」になる前を想像する
    ◆ これからを生きていく人たちのために

    おわりに 歴史はひとつではないが、なんでもありでもない
    ◆ 歴史になるまで
    ◆ 歴史になってから
    ◆ 8月15日と3月11日
    ◆ あらためて、歴史とは何だろう?

    あとがき
    参考文献

著者

成田 龍一 (ナリタ リュウイチ)

1951年、大阪市生まれ。日本女子大学人間社会学部教授(近現代日本史)。『近現代日本史と歴史学』『「戦争経験」の戦後史』『大正デモクラシー』『〈歴史〉はいかに語られるか』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳