シリーズ: 
  1. 河出ブックス

全集・シリーズ

ケンエツトブンガク

検閲と文学

1920年代の攻防

紅野 謙介

受賞
第18回やまなし文学賞(研究・評論部門)、朝日 / 全国学校図書館協議会選定図書

単行本 B6 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-62404-4 ● Cコード:0391
発売日:2009.10.09

定価1,296円(本体1,200円)

×品切・重版未定

  • 大正から昭和へと時代が移り変わる激動のさなか、検閲の嵐が文学を直撃する。円本(文学全集)誕生の経緯も交えながら、文学者、編集者、出版社が織り成す苦闘のドラマを活写する。

著者

紅野 謙介 (コウノ ケンスケ)

1956年生まれ。日本大学文理学部教授(日本近代文学)。 メディア環境や多様な文化のひろがりのなかで文学をとらえる試みを続けている。『書物の近代』、『投機としての文学』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳