ジャンル: 
  1. 政治・経済・社会 > 
  2. 社会

シリーズ: 
  1. 河出ブックス

全集・シリーズ

シャカイニトッテシュミトハナニカ

社会にとって趣味とは何か

文化社会学の方法規準

北田 暁大 編著

解体研 編著

単行本 B6 ● 360ページ
ISBN:978-4-309-62503-4 ● Cコード:0336
発売日:2017.03.28

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

  • 「趣味」が可能にする社会空間とは? オタク/サブカル、ジェンダー、アイデンティティ……気鋭の社会学者たちが、平成世代の若者文化とコミュニケーションの調査研究をつうじて問い直す。

  • はじめに 社会にとって「趣味」とは何か──テイストをめぐる文化社会学の方法規準(北田暁大)

    第1部 理論篇 テイストの社会学をめぐって
    第1章 テイストはなぜ社会学の問題になるのか──ポピュラーカルチャー研究におけるテイスト概念についてのエッセイ(岡澤康浩)
    第2章 社会にとって「テイスト」とは何か──ブルデューの遺産をめぐる一考察(北田暁大)

    第2部 分析篇① 「読む」──テイストはいかに作用する/しないのか
    第3章 読者たちの「ディスタンクシオン」──小説を読むこととそれが趣味であることの差異をめぐって(岡澤康浩・團康晃)
    第4章 ライトノベル、ケータイ小説、古典小説を読む若者たち──ジェンダーとオタク/サブカル自認(岡沢亮)
    第5章 マンガ読書経験とジェンダー──二つの調査の分析から(團康晃)


    第3部 分析篇② 「アイデンティティ」──界を生きる
    第6章 「差別化という悪夢」から目ざめることはできるか?(工藤雅人)
    第7章 「おたく」の概念分析──雑誌における「おたく」の使用の初期事例に着目して(團康晃)
    第8章 動物たちの楽園と妄想の共同体──オタク文化受容様式とジェンダー(北田暁大)
    Invitation 「趣味の/と文化社会学」のためのブックガイド
    あとがき 「ふつうの社会学」のために(北田暁大)

著者

北田 暁大 (キタダ アキヒロ)

1971年生まれ。東京大学大学院情報学環教授(社会学)。『広告の誕生』『広告都市・東京』『責任と正義』『嗤う日本の「ナショナリズム」』など。

解体研 (カイタイケン)

岡澤康浩(1985年生。ケンブリッジ大学歴史学部博士課程)/岡沢亮(1991年生。東京大学大学院学際情報学府博士課程)/工藤雅人(1981年生。文化学園大学服装学部助教)/團康晃(1985年生。東京大学大学院学際情報学府博士課程)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳