ジャンル: 
  1. 文藝別冊
  1. 文庫・新書 > 
  2. KAWADE夢ムック
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

シリーズ: 
  1. 文藝別冊

KAWADE夢ムック

サカグチアンゴ

坂口安吾

風と光と戦争と

河出書房新社

ムック A5 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-97811-6 ● Cコード:9495
発売日:2013.09.28

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

  • 混迷の時代にこそ読まれるべき作家・坂口安吾のアナーキーで過激な魅力をさぐる決定版。近藤ようこ、いしいしんじ、山崎春美、安藤礼二、四方田犬彦などにかつての安吾論を集成。

  • ◆ インタビュー
    近藤ようこ / 坂口安吾と一人の女
    (聞き手・五所純子)

    坂口三千代 / ゼロ地点からの人間観察 個人、家族、映画、そして文学
    (聞き手・関井光男)

    ◆ エッセイ
    いしいしんじ / 安吾の「カタチ」
    戌井昭人 / 安吾は、どうしてライスカレーを百人前頼んだのか
    湯浅学 / ライク・ア・ダラク・ローン
    山崎春美 / And God !
    鈴木創士 / 地の塩 安吾のヒロポン
    佐藤薫 / 洟汁・睡眠・言2
    井上淳一 / 映画『戦争と一人の女』は安吾を裏切った1
    半藤一利 / 安吾さんのこと
    三島由紀夫 / 無題
    花田清輝 / 坂口安吾の死

    ◆ 安吾対談
    阿部定×坂口安吾 / ぢや強く生きてください
    小林秀雄×坂口安吾 / 伝統と反逆

    ◆ 対談 
    町田康×山城むつみ / 安吾の戦争

    ◆ 論考
    柄谷行人 / 坂口安吾のアナキズム
    中上健次 / ファルスの光線
    丹生谷貴志 / 帆影と豚
    四方田犬彦 / 愚行について
    井口時男 / 坂口安吾はアイロニーを知らない
    安藤礼二 / ミステリーのアリス
    上野俊哉 / 堕ちることと逸れること、あるいは「二流の人」について
    福住廉 / 背転するラディカリズム 日本文化私観再読
    悪麗之介 / 三月十一日に関する愛国的考察

    安吾作品ガイド100 / 住友直子・原卓史・松本和也
    安吾語録 / 木村立哉・選
    略年譜

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳