ジャンル: 
  1. 文藝別冊
  1. 文庫・新書 > 
  2. KAWADE夢ムック
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

シリーズ: 
  1. 文藝別冊

KAWADE夢ムック

スガアツコフタタビ

須賀敦子ふたたび

河出書房新社編集部

ムック A5 ● 272ページ
ISBN:978-4-309-97842-0 ● Cコード:9495
発売日:2014.08.27

定価1,430円(本体1,300円)

×品切

  • 卒業論文であったギャザーの翻訳など未刊行テクスト、松山巖、湯川豊、若松英輔、担当編集者座談会などで、読者を魅了してやまない須賀敦子の核心に迫る。

  • 【須賀敦子未収録エッセイ】
    コスモスの海
    ナタリアの家族
    私の好きな映画

    【翻訳】
    ダンテ 須賀敦子 訳
    解題 藤谷道夫
    神曲 地獄篇 第一歌 第五歌

    ウィラ・キャザー
    須賀敦子 訳
    大司教に死来る(抄)

    松山巖 多面体としての須賀敦子

    【対談】
    湯川豊×松家仁之
    須賀敦子のミッション 文学・言葉・宗教

    【新しい須賀敦子へ】
    和田忠彦 須賀敦子─距離のラディカリズム
    尾崎真理子 もう一人の父
    若松英輔 宗教の彼方へ 須賀敦子の霊性と文学
    今村純子 無限の隔たりに響きわたる詩
    宇野邦一 ゆるやかに境界を越える方法
    小沼純一 どんぐりは、いま
    姜信子 イッツァロングウェイ、トゥゴォ

    【エッセイ】
    高樹のぶ子 過去への明るい窓 須賀敦子『ミラノ 霧の風景』
    小川洋子 靴は人生の同伴者
    石田千 くろい服のひと
    鹿島田真希 須賀敦子の階梯
    井坂洋子 苦行とカタルシス 
    蜂飼耳 『ユルスナールの靴』は歩く
    小林紀晴 音無しの構え

    【回想】
    関川夏央 須賀敦子の風景
    鬼海弘雄 橙色の霧 石畳を濡らす霧
    大町志津子 ヤング・エマウス、そして須賀さんとの出会い
    中山エツコ 現代を生きる思想家、活動家
    ジョルジョ・アミトラーノ ずっと前からの知り合いのようだった
    平田紀之 「最後の注文」の苦い思い出
    柿原寛 夙川から歩きはじめた思い出 

    【座談会】
    尾方邦雄 大川繁樹 佐久間文子 木村由美子
    編集者からみた須賀敦子の素顔

    略年譜

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳