ジャンル: 
  1. 文藝別冊
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究
  1. 文庫・新書 > 
  2. KAWADE夢ムック

シリーズ: 
  1. 文藝別冊

KAWADE夢ムック

タニザキジュンイチロウ

谷崎潤一郎

没後五十年、文学の奇蹟

河出書房新社編集部

ムック A5 ● 272ページ
ISBN:978-4-309-97855-0 ● Cコード:9495
発売日:2015.02.26

定価1,430円(本体1,300円)

○在庫あり

  • 没後50年でふたたび光を浴びる文学者の新しい姿。千葉俊二、渡部直己、野崎歓、小谷野敦、安藤礼二、千野帽子、清水良典他による決定版。

  • 千葉俊二 解題
    新資料
    谷崎潤一郎・松子、水野鋭三郎宛ほか書簡六通
    ──森田チヱコさんに聞く

    【インタビュー】
    ・渡部直己 ──谷崎潤一郎──遠のきながら近づいてくる力
    ・野崎歓 ──異邦を求める文学
    ・千葉俊二 ──新たな谷崎の読み直しのために

    【エッセイ】
    ・柳美里 ──絶対的主観
    ・藤沢周 ──墓参
    ・松田青子 ──雪子ちゃんの顔のシミ
    ・温又柔 ──ジョージの愛
    ・東直子 ──佐助に導かれて
    ・李龍徳 ──『蓼喰う虫』の女性たち

    【論考】
    ・清水良典 ──谷崎は偉大なる愚者なのか? 谷崎文学の「思想」についての覚書
    ・小谷野敦 ──谷崎潤一郎と川端康成の確執
    ・安藤礼二 ──夢の舞台 谷崎潤一郎の神智学的トポス
    ・千野帽子 ──テーマパークとユートピア 谷崎潤一郎『金色の死』の前後左右
    ・丹生谷貴志 ──谷崎の「おんな手」 芸術の誕生
    ・石川義正 ──谷崎潤一郎と言説の抗争

    【谷崎論集成】
    ・中上健次 ──谷崎潤一郎 物語の系譜
    ・蓮實重彦 ──厄介な「因縁」について 『吉野葛』試論
    ・須賀敦子 ──作品のなかの「ものがたり」と「小説」 谷崎潤一郎『細雪』
    ・水村美苗 ──谷崎潤一郎の「転換期」 『春琴抄』をめぐって
    ・四方田犬彦 ──モダニスト潤一郎 谷崎潤一郎の映画体験

    谷崎潤一郎研究史 西野厚志
    谷崎潤一郎作品案内 西野厚志
    谷崎潤一郎年譜 千葉俊二

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳