検索結果

立松 和平 (タテマツ ワヘイ)

1947年、栃木県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。78年、小説『途方にくれて』を刊行。80年『遠雷』で野間文芸新人賞受賞。85年全作品を対象に若い作家のためのロータス賞を受賞。『卵洗い』で第8回坪田譲治文学賞受賞。『毒――風聞・田中正造』で第51回毎日出版文化賞受賞。他に『春雷』『性的黙示録』『地霊』など著書多数。

38件中 120件を表示 | 表示件数   件

酪農家族 4
  • 単行本 / 152頁
  • 2004.10.22発売
  • ISBN 978-4-309-01669-6

定価1,026円(本体950円)

×品切・重版未定

詳細を見る
花

日本文学

立松和平のふるさと紀行

立松 和平

立松和平のふるさと紀行第5弾。日本の四季折々、野に咲きみだれる花、山の中腹の崖っ淵にあぶなっかしく咲く花、小川のほとりにひっそりと咲く花などを、エッセイと写真で奏でる。

  • 単行本 / 112頁
  • 2003.04.30発売
  • ISBN 978-4-309-01545-3

定価2,700円(本体2,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
半島

日本文学

立松和平のふるさと紀行

半島
知床

立松 和平

オホーツクに突出する知床半島――熊をはじめとする動物の生態。鮭、鱒、昆布漁にたずさわる漁師。そして、海面がおおわれる流氷など、半島の四季をエッセイと写真で綴る。

  • 単行本 / 128頁
  • 2003.02.26発売
  • ISBN 978-4-309-01517-0

定価2,700円(本体2,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
猫月夜 上

日本文学

猫月夜 上

立松 和平

どこにでもある平凡な家庭に、ちょっとした心の擦れ違いによって重大な問題が芽生え、やがて崩壊の序曲が鳴り始める……危うさの中に浮かぶ家庭を通して〈人は何を求めて生きるのか〉を問う。

  • 単行本 / 296頁
  • 2002.10.28発売
  • ISBN 978-4-309-01510-1

定価2,376円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
猫月夜 下

日本文学

猫月夜 下

立松 和平

どこにでもある平凡な家庭が、ちょっとした心の擦れ違いによって重大な問題が芽生え、やがて崩壊の序曲が鳴り始める……危うさの中に浮く家庭を通して〈人は何を求めて生きるのか〉を問う。

  • 単行本 / 280頁
  • 2002.10.28発売
  • ISBN 978-4-309-01511-8

定価2,376円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
島へ

日本文学

立松和平のふるさと紀行

島へ
奄美

立松 和平

輝く海、豊かな森、愛しい生きものたち、素晴らしい人々、そしてうまい焼酎――その魅力に惹かれ、何年も通い続けた著者が、エッセイと撮り下ろし写真でつづる奄美諸島のすべて。

  • 単行本 / 120頁
  • 2002.08.28発売
  • ISBN 978-4-309-01483-8

定価2,700円(本体2,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
名水

日本文学

立松和平のふるさと紀行

名水

立松 和平 著 山下 喜一郎 写真

エゾシカの棲む深い森の中の池「神の子池」(北海道)、名酒を育む鳥海山麓の雫「元滝伏流」(秋田県)、光の中に湧き出る喜びの水「四万十川源流」(高知県)など各地の恵みの水を求める旅。

  • 単行本 / 112頁
  • 2002.05.15発売
  • ISBN 978-4-309-01459-3

定価2,700円(本体2,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
酪農家族 3

児童書

酪農家族 3
波うつ青い穂

立松 和平

<究極の黄金チーズ>作り技師、猫田親子の今度の行先は東北の高見牧場――減反の稲を青刈りにして牛に食べさせ、おいしい牛乳を考える若い酪農家との交流を描く第3弾。NHK衛星第一放映。

  • 単行本 / 156頁
  • 2002.03.22発売
  • ISBN 978-4-309-01454-8

定価1,026円(本体950円)

×品切・重版未定

詳細を見る
童謡

日本文学

立松和平のふるさと紀行

童謡

立松 和平

写真とエッセイで奏でる二十一世紀に繋げたい二十世紀からの贈りもの。第一回は日本の童謡。〈早春譜〉〈荒城の月〉〈赤蜻蛉〉〈ぞうさん〉等全二十四の童謡を収録。

  • 単行本 / 112頁
  • 2001.12.25発売
  • ISBN 978-4-309-01445-6

定価2,376円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
新・おくのほそ道

日本文学

新・おくのほそ道

俵 万智立松 和平

『おくのほそ道』刊行300年(1702年刊)記念出版――芭蕉の散文の最高傑作といわれる紀行文に、芭蕉の俳句と俵万智の短歌、立松和平のエッセイを響きあわせ融合させた夢のハーモニー。

  • 単行本 / 196頁
  • 2001.10.27発売
  • ISBN 978-4-309-01433-3

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
恩寵の谷

文庫・新書

恩寵の谷

立松 和平

明治期に入っての足尾銅山再開発草創期の鉱山を舞台にした作品。近代鉱山としての〈足尾〉がどのように形成されたかを、自らの母方の曾父母の足跡と重ね、無名の鉱夫を中枢に置いた壮大なロマンを描出。

  • 河出文庫 / 640頁
  • 2001.06.07発売
  • ISBN 978-4-309-40629-9

定価1,296円(本体1,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
毒――風聞・田中正造

文庫・新書

毒――風聞・田中正造

立松 和平

足尾銅山の鉱毒によって破壊された谷中村。その被害に真正面に対峙した田中正造――渡良瀬川に棲むナマズやカエル等、小動物の目を通して重層的に描く〈闇〉の日本。立松文学の新たな出発を告知する名作。

  • 河出文庫 / 352頁
  • 2001.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-40622-0

定価907円(本体840円)

×品切・重版未定

詳細を見る
遠雷四部作

日本文学

遠雷四部作
全一巻(四分冊・函入り)

立松 和平

高度成長からバブル崩壊に至る時代の流れとともに、土地と人間の荒廃を描いてきた『遠雷』『春雷』『性的黙示録』『地霊』の4部作と資料篇を収録した時代の目撃者立松文学の全貌。

  • 単行本 / 1672頁
  • 2000.12.09発売
  • ISBN 978-4-309-01389-3

定価10,584円(本体9,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
スプーン一杯のビール

日本文学

スプーン一杯のビール

立松 和平

「紙に刻みつけられた時間」「青春の文学中毒」「放浪への憧れ」「父祖の地の栄光と消滅」「死へ向かう時代の風景」等、新聞、雑誌に発表された好エッセイを5篇に編集。立松文学の魅力を満載。

  • 単行本 / 256頁
  • 2000.10.21発売
  • ISBN 978-4-309-01383-1

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
酪農家族 2

児童書

酪農家族 2
牧場の猫

立松 和平

“いのち”の大切さ、かけがえのなさ、素晴らしさを知ってほしいとの意図から生まれた、牛乳の生まれる現場=牧場を通して酪農一家の生活を、イラストと共に綴る少年少女向け小説。

  • 単行本 / 156頁
  • 2000.03.25発売
  • ISBN 978-4-309-01341-1

定価1,026円(本体950円)

×品切・重版未定

詳細を見る
地霊

日本文学

地霊

立松 和平

10年ぶりに帰った故郷で人々の悪意に巻き込まれる仮釈放の殺人犯。高度経済成長からバブル崩壊に至るこの国の土地と人間の心の過程を凝縮して描いた、著者渾身の遠雷4部作、ついに完結。

  • 単行本 / 388頁
  • 1999.11.24発売
  • ISBN 978-4-309-01318-3

定価2,376円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
立松和平との絵本集 セット

児童書

立松和平との絵本集

立松和平との絵本集 セット

立松 和平

命の大切さ、自然と人間との共生への道を開く。

  • 単行本 / 0頁
  • 1999.11.18発売
  • ISBN 978-4-309-73060-8

定価7,903円(本体7,318円)

×品切・重版未定

詳細を見る
満月の百年

児童書

立松和平との絵本集

満月の百年

立松 和平 著 坪谷 令子

小さな島に住む人々が大津波に襲われ、多くの人が命を落とした。残された人々は、非常な苦しみのなかから立ち上がりせいいっぱい生きていく――。人の勇気と不屈の精神を描ききります。

  • 単行本 / 32頁
  • 1999.11.18発売
  • ISBN 978-4-309-73065-3

定価1,620円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
酪農家族 1

児童書

酪農家族 1

立松 和平

“いのち”の大切さ、かけがえのなさ、素晴らしさを知ってほしいとの意図から生まれた、牛乳の生まれる現場=牧場を通して酪農一家の生活を、イラストと共に綴る少年少女向け小説。

  • 単行本 / 144頁
  • 1998.09.25発売
  • ISBN 978-4-309-01239-1

定価1,026円(本体950円)

○在庫あり

詳細を見る
キツネとのやくそく

児童書

立松和平との絵本集

キツネとのやくそく

立松 和平 著 黒井 健

猟師は吹雪のなかキツネに出会い、助かったら娘をキツネのヨメにするという約束をして命を助けられました。すべての生き物は一生懸命暮らしていて、人間だけが特別ではないことを示しています。

  • 単行本 / 32頁
  • 1998.03.05発売
  • ISBN 978-4-309-73064-6

定価1,566円(本体1,450円)

×品切・重版未定

詳細を見る