検索結果

小泉 義之 (コイズミ ヨシユキ)

一九五四年生まれ。立命館大学大学院。先端総合学術研究科教授。著書『ドゥルーズと狂気』(河出書房新社)、『あたらしい狂気の歴史』(青土社)他、訳書、ドゥルーズ『意味の論理学』(河出文庫)他

11件中 111件を表示 | 表示件数   件

ドゥルーズの霊性

哲学・思想・宗教

ドゥルーズの霊性

小泉 義之

ドゥルーズが最後に達した(光)とは何か。究極のドゥルーズ論を核心に据えて、最も戦闘的にして根源的な哲学者の原点と到達点をしめし、既成の思考をゆるがす未来の哲学。

  • 単行本 / 384頁
  • 2019.06.14発売
  • ISBN 978-4-309-24912-4

定価4,212円(本体3,900円)

○在庫あり

詳細を見る
ドゥルーズの21世紀

哲学・思想・宗教

ドゥルーズの21世紀

檜垣 立哉小泉 義之合田 正人

なぜ21世紀もドゥルーズの世紀なのか。世代をこえて最強の論者が結集してその哲学に迫る記念碑的論集。宇野邦一、江川隆男、千葉雅也、國分功一郎、小倉拓也、近藤和敬他。

  • 単行本 / 512頁
  • 2019.01.25発売
  • ISBN 978-4-309-24896-7

定価6,264円(本体5,800円)

△2週間~

詳細を見る
ドゥルーズと狂気

哲学・思想・宗教

河出ブックス

ドゥルーズと狂気

小泉 義之

ドゥルーズの最重要主題でありながら正面から論じられてこなかった「狂気」を読みとりながら、まったく新たなドゥルーズ像を描き出すとともに、新たな生と狂気のありかたを開く衝撃の書。

  • 単行本 / 384頁
  • 2014.07.14発売
  • ISBN 978-4-309-62473-0

定価2,052円(本体1,900円)

○在庫あり

詳細を見る
債務共和国の終焉

政治・経済・社会

債務共和国の終焉
わたしたちはいつから奴隷になったのか

市田 良彦王寺 賢太小泉 義之長原 豊

労働力の商品化から負債化(資本化)への転換をとらえることなくして現在の危機を見ることはできない。経済学、哲学などのラディカル派4人による全く新しい経済と政治への宣言。

  • 単行本 / 232頁
  • 2013.09.18発売
  • ISBN 978-4-309-24630-7

定価2,700円(本体2,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
なぜ人を殺してはいけないのか?
  • 河出文庫 / 200頁
  • 2010.01.08発売
  • ISBN 978-4-309-40998-6

定価616円(本体570円)

○在庫あり

詳細を見る
意味の論理学 上

文庫・新書

意味の論理学 上

ジル・ドゥルーズ 著 小泉 義之

『差異と反復』から『アンチ・オイディプス』への飛躍を画する哲学者ドゥルーズの主著、渇望の新訳。アリスとアルトーを伴う驚くべき思考の冒険とともにドゥルーズの核心的主題があかされる。

  • 河出文庫 / 312頁
  • 2007.01.05発売
  • ISBN 978-4-309-46285-1

定価1,242円(本体1,150円)

○在庫あり

詳細を見る
意味の論理学 下
  • 河出文庫 / 288頁
  • 2007.01.05発売
  • ISBN 978-4-309-46286-8

定価1,242円(本体1,150円)

○在庫あり

詳細を見る
無人島 1969-1974

哲学・思想・宗教

無人島 1969-1974

ジル・ドゥルーズ 著 小泉 義之笹田 恭史鈴木 創士杉村 昌昭立川 健二

ドゥルーズの未刊行論文集成。スピノザ論、ガタリとの共同作業など、『アンチ・オイディプス』刊行後、もっとも現実にコミットした時期の全論考を収める。本邦初紹介のテクストも多数。

  • 単行本 / 320頁
  • 2003.06.26発売
  • ISBN 978-4-309-24290-3

定価3,780円(本体3,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
生殖の哲学

哲学・思想・宗教

シリーズ・道徳の系譜

生殖の哲学

小泉 義之

クローン万歳! バイオテクノロジーはすばらしい。なぜならそれが怪物たちを生み出すから……まったく新しい視点からバイオを論じ、哲学としての生殖をとりあげる、思想への招待。

  • 単行本 / 130頁
  • 2003.05.16発売
  • ISBN 978-4-309-24285-9

定価1,620円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
なぜ人を殺してはいけないのか?

哲学・思想・宗教

シリーズ・道徳の系譜

なぜ人を殺してはいけないのか?

永井 均小泉 義之

日本を代表する人気哲学者2人がリスキーかつ困難なテーマに大胆に迫る! はたして、道徳は殺人を止められるのか? ニーチェならこの問いにどう答えるのか? アクチュアルな哲学入門!

  • 単行本 / 152頁
  • 1998.10.23発売
  • ISBN 978-4-309-24210-1

定価1,512円(本体1,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る
弔いの哲学

哲学・思想・宗教

シリーズ・道徳の系譜

弔いの哲学

小泉 義之

弔いとは哀悼ではない。誰かの死と私の生の断絶を思い知ることだ。あらゆる問題の根本をなす生者と死者の関係を明確にすることから、現在のあらゆる幻想とギマンを撃ちくだく書。

  • 単行本 / 140頁
  • 1997.08.11発売
  • ISBN 978-4-309-24193-7

定価1,296円(本体1,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る