検索結果

坂口 安吾 (サカグチ アンゴ)

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

7件中 17件を表示 | 表示件数   件

ほろ酔い天国

日本文学

ほろ酔い天国

坂口 安吾田中 小実昌筒井 康隆平松 洋子森 茉莉吉田 健一

時代を代表する作家たちによるほろ酔いエッセイ41篇を収録したアンソロジー。飲み方の流儀、日本酒のうんちく、酒豪自慢、酒友との交友などなど、呑まずに酔える「ごきげん文藝」第二弾。

  • 単行本 / 240頁
  • 2018.05.18発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02681-7

予価1,728円(本体1,600円)

※未刊

詳細を見る
軍師 直江兼続
  • 河出文庫 / 232頁
  • 2008.11.06発売
  • ISBN 978-4-309-40933-7

定価626円(本体580円)

○在庫あり

詳細を見る
大江戸歳時記 捕物帳傑作選 冬の巻

大江戸歳時記 捕物帳傑作選 冬の巻

坂口 安吾

お江戸の町にも冬将軍の到来。将軍家のお鷹狩り、子供たちの七五三、そして師走、大晦日――年の瀬や川の流れと人の身は――大奥で、武家屋敷で、路地裏で繰りひろげられる切なくも哀しい冬の人情犯科帳!

  • 河出文庫 / 248頁
  • 1990.12.04発売
  • ISBN 978-4-309-40293-2

定価566円(本体524円)

×品切・重版未定

詳細を見る
日本論
  • 河出文庫 / 344頁
  • 1989.05.04発売
  • ISBN 978-4-309-40237-6

定価713円(本体660円)

×品切・重版未定

詳細を見る
安吾新日本風土記

文庫・新書

安吾新日本風土記

坂口 安吾

日本全国を歩いて古老たちの話を訊き、日本人の全く新しい歴史を書きたい――明治以来のタブーに敢然と挑み、今日の古代史ブームの端を開いた先駆的業績。『新日本地理』に続く日本再発見大紀行!

  • 河出文庫 / 248頁
  • 1988.11.04発売
  • ISBN 978-4-309-40227-7

定価524円(本体485円)

×品切・重版未定

詳細を見る
安吾新日本地理

文庫・新書

安吾新日本地理

坂口 安吾

日本歴史の源流は何処に求められるのか――敗戦後わずか十年目に、あらゆるタブーを乗り越えた前人未到の地平から古代史の謎に取り組んだ驚くべき業績。いま甦る安吾歴史三部作中の代表的な名著!

  • 河出文庫 / 320頁
  • 1988.05.04発売
  • ISBN 978-4-309-40218-5

定価630円(本体583円)

×品切・重版未定

詳細を見る
安吾史譚

安吾史譚

坂口 安吾

古代から幕末まで、著者の最も愛した7人の英雄・快男子の生涯を描きながら、画期的な日本史観を展開する、痛快大胆な歴史読物。『安吾新日本地理』『安吾新日本風土記』と並び称される歴史3部作の傑作!

  • 河出文庫 / 224頁
  • 1988.02.04発売
  • ISBN 978-4-309-40213-0

定価503円(本体466円)

×品切・重版未定

詳細を見る