検索結果

岩井 忠熊 (イワイ タダクマ)

1922年熊本市生。京都帝国大学在学中に学徒出陣。特攻兵器「震洋」を体験。復員後、立命館大学教授、立命館大学副学長などを歴任。主な著書に『近代天皇制のイデオロギー』『陸軍・秘密情報機関の男』他多数。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

特攻 最後の証言

日本文学

特攻 最後の証言
100歳・98歳の兄弟が語る

岩井 忠正岩井 忠熊

「大杉事件」「南京大虐殺」「満州事変」など、兄弟が体験した歴史上の事件や自殺兵器となった特攻について語る。そして「2度と戦争を起こさない」ためにどうしたらいいか警鐘を鳴らす。

  • 単行本 / 168頁
  • 2020.07.15発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-92209-6

予価1,320円(本体1,200円)

※未刊

詳細を見る