検索結果

北 杜夫 (キタ モリオ)

1927年、東京生まれ。東北大学医学部卒業。60年『どくとるマンボウ航海記』がベストセラーに。同年芥川賞、64年毎日出版文化賞、86年日本文学大賞、98年大佛次郎賞を受賞。2011年10月逝去。

8件中 18件を表示 | 表示件数   件

温泉天国

日本文学

温泉天国
ごきげん文藝

角田 光代北 杜夫太宰 治

おとなの愉しみを伝えるエッセイアンソロジー「ごきげん文藝」。第一弾は、日本中に点在する「温泉」をテーマにしたエッセイ32篇を収録。ぽちゃんと浸かれば、そこはまさに天国です。

  • 単行本 / 240頁
  • 2017.12.19発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02642-8

予価1,728円(本体1,600円)

※未刊

詳細を見る
どくとるマンボウ人生ノオト

日本文学

どくとるマンボウ人生ノオト

北 杜夫

人生には悔いも多いが、まあそれほど後悔することもあるまい――。病床にあってもユーモアを忘れず、老いと人生を見つめるマンボウ先生の感動エッセイ! 生きる勇気が湧いてくる33篇。

  • 単行本 / 208頁
  • 2015.10.11発売
  • ISBN 978-4-309-02413-4

定価842円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る
世を捨てれば楽になる

日本文学

世を捨てれば楽になる

北 杜夫

もうすぐ死ぬと思っていたのに、ハチャメチャに毎日が過ぎてゆく! 妻、娘、孫を巻き込んだ、マンボウ一家の大騒動。波乱万丈、抱腹絶倒。人生の励ましと老いのユーモアにあふれた36篇!

  • 単行本 / 224頁
  • 2015.04.14発売
  • ISBN 978-4-309-02372-4

定価842円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る
世の中どうにかなるもんだ

日本文学

世の中どうにかなるもんだ

北 杜夫

死を思えば楽になる、楽になればなかなか死なぬ。不思議なものである。ケッタイなことである。おもしろいものである。この世は――。ユーモアあふれる老いの夢。涙と笑いの37篇!

  • 単行本 / 232頁
  • 2014.10.15発売
  • ISBN 978-4-309-02328-1

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
なまけもの礼讃

日本文学

なまけもの礼讃

北 杜夫

「もう死ぬ」と言っていると、案外死なないものだなあ――。妻と娘を巻き込んだ、マンボウ先生のドタバタな日常から、面白く楽しく生きる術が見えてくる! 究極のユーモアにあふれた35篇。

  • 単行本 / 232頁
  • 2014.04.08発売
  • ISBN 978-4-309-02280-2

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
人生のずる休み

日本文学

人生のずる休み

北 杜夫

マンボウ「うまく死ななきゃ」。妻「死ななくてもいいけれど」。娘「どうせあとはオマケの人生よ」。マンボウ先生こと北杜夫三周忌。躁鬱に負けず、死を恐れず、ユーモア溢れた生き方36篇。

  • 単行本 / 232頁
  • 2013.10.10発売
  • ISBN 978-4-309-02226-0

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
白きたおやかな峰

文庫・新書

白きたおやかな峰

北 杜夫

カラコルムの未踏峰ディラン遠征隊に、雇われ医師として参加した体験に基づく小説。山男の情熱、現地人との交情、白銀の三角錐の意味するものは? 日本山岳文学の白眉。

  • 河出文庫 / 344頁
  • 2012.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-41139-2

定価918円(本体850円)

○在庫あり

詳細を見る
地球さいごのオバケ

児童書

メルヘンの森【全6巻】

地球さいごのオバケ

北 杜夫 著 L・コンドル

21世紀後半、地球に残されたオバケの子孫は、世界じゅう仲間のオバケをさがしてまわりました。ある日、砂漠で地球征服をくわだてる緑色人の動物実験の的にされてしまったのです。

  • 単行本 / 32頁
  • 1985.03.22発売
  • ISBN 978-4-309-72351-8

定価1,888円(本体1,748円)

×品切・重版未定

詳細を見る