検索結果

曾野 綾子 (ソノ アヤコ)

1931年東京生れ。聖心女子大学卒。93年、恩賜賞・日本芸術院賞受賞。2003年、文化功労者に。2012年菊池寛賞受賞。著書に『人生の収穫』『不運を幸運に変える力』『靖国で会う、ということ』等多数。

24件中 120件を表示 | 表示件数   件

私の漂流記

日本文学

私の漂流記

曾野 綾子

人生を乗せて、船は走る――。奥深き海の世界、船上での出会い。作家として人間として、貴重な体験を与えてくれた「海」と「船」を軸に、人生の雄大さ、不思議さを感動的に描く24話。

  • 単行本 / 184頁
  • 2017.12.13発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02639-8

予価1,296円(本体1,200円)

※未刊

詳細を見る
靖国で会う、ということ

日本文学

靖国で会う、ということ

曾野 綾子

英霊たちとの再会の場である靖国神社。国のために命を捧げた死者に対する敬意と礼――。人間としてあるべき姿を、包み隠さぬ本音で言及。揺るぎなき信念のもと、政治・時事問題に鋭くせまる!

  • 単行本 / 234頁
  • 2017.07.12発売
  • ISBN 978-4-309-02588-9

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
不運を幸運に変える力

日本文学

不運を幸運に変える力

曾野 綾子

少女期の戦争体験、両親の不和、失明の危機。困難を乗り超え、作家として人間を見据えてきた著者が、自力で危機を脱出するために必要な人間力を説く。人生を切り拓くための揺るぎなき精神!

  • 単行本 / 228頁
  • 2016.12.18発売
  • ISBN 978-4-309-02526-1

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
生身の人間

日本文学

生身の人間

曾野 綾子

私は自然体で生きてきた。それが一番楽だったからだ――。対立し、共存し、人生とぶつかりながら、人は初めて生きることの面白さに息をのむ。老いてこそ至る自由の境地、感動の60篇。

  • 単行本 / 208頁
  • 2016.04.15発売
  • ISBN 978-4-309-02457-8

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
人生の原則

文庫・新書

人生の原則

曾野 綾子

人間は平等ではない。運命も公平ではない。だから人生はおもしろい。世間の常識にとらわれず、「自分は自分」として生き、独自の道を見極めてこそ日々は輝く。生き方の基本を記す三十八篇、待望の文庫化!

  • 河出文庫 / 240頁
  • 2016.02.08発売
  • ISBN 978-4-309-41436-2

定価594円(本体550円)

○在庫あり

詳細を見る
人生の収穫
  • 河出文庫 / 224頁
  • 2015.05.11発売
  • ISBN 978-4-309-41369-3

定価594円(本体550円)

○在庫あり

詳細を見る
酔狂に生きる

日本文学

酔狂に生きる

曾野 綾子

人間は全て、自由で破格な生き方ができる。自由は楽しいが怖い。自由には保証がない。自由は容易に攻撃される。それを承知で自由を取った者が真に解放された人生を知る。曾野流酔狂の極意!

  • 単行本 / 220頁
  • 2014.07.15発売
  • ISBN 978-4-309-02301-4

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
生きる姿勢

日本文学

生きる姿勢

曾野 綾子

与えられた場所で、与えられた時間を生きる。それが人間の自由だ。個人の選択に委ねられた、唯一無二の人生を生き抜くための力強き54篇。生き方の原点を示す書。

  • 単行本 / 228頁
  • 2013.05.14発売
  • ISBN 978-4-309-02186-7

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
人生の原則

日本文学

人生の原則

曾野 綾子

人間は平等ではない。運命も公平ではない。だから人生は面白い。世間の常識にとらわれず、自分の道を見極めてこそ日々は輝く。生き方の基本を記す38篇。

  • 単行本 / 228頁
  • 2013.01.09発売
  • ISBN 978-4-309-02151-5

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
叔母さん応援団

日本文学

叔母さん応援団

曾野 綾子

心の支えとなる存在がいる限り、人生に希望を失ってはならない。明日はいい日、なのである。愛と許しに満ちあふれた感動作! ベストセラー『人生の収穫』に続く、自分流才覚ある生き方。

  • 単行本 / 272頁
  • 2012.03.14発売
  • ISBN 978-4-309-02099-0

定価918円(本体850円)

○在庫あり

詳細を見る
ある成功者の老後

日本文学

ある成功者の老後

曾野 綾子

「想定外」の時間にこそ、人生の面白さがある。思いがけない一瞬に、人は鍛えられ、癒され、善でもなく悪でもない魂の自由人となれる。日常に隠れた真実を描く感動作。自分流勇気ある生き方。

  • 単行本 / 252頁
  • 2012.02.20発売
  • ISBN 978-4-309-02090-7

定価918円(本体850円)

○在庫あり

詳細を見る
飼猫ボタ子の生活と意見

日本文学

飼猫ボタ子の生活と意見

曾野 綾子

「私は猫。作家夫婦の家に飼われています」。猫の目を通して見た人間の世界を、ユーモラスにそして辛辣に描く爽快な連作。曾野文学のもう一つの魅力にせまる、現代版『吾輩は猫である』。

  • 単行本 / 268頁
  • 2012.01.20発売
  • ISBN 978-4-309-02087-7

定価918円(本体850円)

○在庫あり

詳細を見る
生活の中の愛国心

日本文学

生活の中の愛国心

曾野 綾子

「愛国心とは、鍋釜並みの必需品」。愛国心の支えなしに、生きる土壌は見出せない。個人として、日本人としてどう生きるのか? 私たちの祖国、日本の未来に希望の光を与える感動の書!

  • 単行本 / 226頁
  • 2011.12.20発売
  • ISBN 978-4-309-02081-5

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
人生の旅路

日本文学

人生の旅路

曾野 綾子

旅の途中で人は変わる。あらたな自分を発見する。人生の良さも悪さも面白がり、「どん底」から爽やかな希望を見出し、日々の変化を楽しむ――。自分流老後の生き方、『人生の収穫』第2弾!

  • 単行本 / 210頁
  • 2011.10.27発売
  • ISBN 978-4-309-02072-3

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
人生の収穫

日本文学

人生の収穫

曾野 綾子

老いてこそ、人生は輝く。自分流に不器用に生き、失敗を楽しむ才覚を身につけ、老年だからこそ冒険し、どんなことでも面白がる――。世間の常識にとらわれない独創的な老後の生き方!

  • 単行本 / 208頁
  • 2011.08.31発売
  • ISBN 978-4-309-02064-8

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
鍋釜と愛国心

日本文学

鍋釜と愛国心

曾野 綾子

靖国参拝問題を根本から見直すには? 危篤状態の教育を救うには? 日本のオピニオン・リーダーとして世界を駆け巡る著者が、作家の視点から社会問題を鋭く見据えるオリジナル・レポート。

  • 単行本 / 192頁
  • 2007.08.07発売
  • ISBN 978-4-309-01831-7

定価1,620円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
社長の顔が見たい

日本文学

社長の顔が見たい

曾野 綾子

「『親の顔が見たい』という言葉はあるが、最近では『社長の顔が見たい』という楽しみもある」。歯に衣着せぬ言葉で、日常の風景から見える人間の愚かさ、愛おしさをユーモラスに描く最新エッセイ。

  • 単行本 / 264頁
  • 2005.08.23発売
  • ISBN 978-4-309-01729-7

定価1,620円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
二十三階の夜

文庫・新書

二十三階の夜

曾野 綾子

その日、見知らぬ男がやって来て神父に告げた。「私は飛行機に爆弾をしかけた」――フランスの田舎町で出逢った一人の農夫。元神父であった男の過酷な試練とは……。人生の光と闇を見据える魂の物語十篇。

  • 河出文庫 / 216頁
  • 2002.07.07発売
  • ISBN 978-4-309-40657-2

定価670円(本体620円)

×品切・重版未定

詳細を見る
「父よ、岡の上の星よ」

文庫・新書

「父よ、岡の上の星よ」

曾野 綾子

「私達の誰もが父を持ち、父であることによって神の心を体験する」。南国の教会で神父の言葉に耳を傾ける一人の男。ついに父親になれなかった男の胸に去来するものは――。愛と許しに満ちた魂の物語九篇。

  • 河出文庫 / 232頁
  • 2002.05.09発売
  • ISBN 978-4-309-40652-7

定価626円(本体580円)

×品切・重版未定

詳細を見る
二十三階の夜

日本文学

二十三階の夜

曾野 綾子

その日、見知らぬ男が神父に告げた。「私は飛行機に爆弾をしかけた」フランスの田舎町で出逢った一人の農夫。元カトリック司祭の男の過酷な試練とは。人生の光と闇を見据える魂の物語十篇。

  • 単行本 / 204頁
  • 1999.09.16発売
  • ISBN 978-4-309-01292-6

定価1,404円(本体1,300円)

×品切・重版未定

詳細を見る