検索結果

中沢 けい (ナカザワ ケイ)

1959年横浜市生まれ。78年、明治大学入学の年に「海を感じる時」で群像新人文学賞を受賞。85年には「水平線上似て」で野間文芸新人賞を受賞。その他の著書に「女ともだち」「楽隊のうさぎ」などがある。

4件中 14件を表示 | 表示件数   件

澁澤龍彦の記憶

日本文学

澁澤龍彦の記憶

巖谷 國士養老 孟司池内 紀中沢 けい酒井 忠康 著 菅野 昭正

没後30年を迎えて世田谷文学館で開催された「連続講演」をもとにまとめたエッセイ集。記憶から甦る「澁澤さん」の生きた姿、世代としての姿勢、思考の源泉がわかるとっておきの一冊。

  • 単行本 / 248頁
  • 2018.04.12発売
  • ISBN 978-4-309-02657-2

定価2,808円(本体2,600円)

△2週間~

詳細を見る
書評・時評・本の話

日本文学

書評・時評・本の話
1978-2008

中沢 けい

デビューの年の1978年から2008年までの30年間に発表された単行本未収録の批評的文章を、時系列に〈書評〉〈時評〉〈本の話〉に分けて現代文学の変遷を跡づける、文学の一大曼荼羅。

  • 単行本 / 724頁
  • 2011.03.23発売
  • ISBN 978-4-309-02022-8

定価8,208円(本体7,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
女ともだち

文庫・新書

女ともだち

中沢 けい

新鮮な感覚で自由に生きる三人の娘の、夢と冒険とその孤独を、同世代の想いをこめていきいきと描き、〈女の時代〉の躍動的な息吹きを伝える、デビュー作「海を感じる時」をしのぐ傑作。

  • 河出文庫 / 176頁
  • 1994.08.04発売
  • ISBN 978-4-309-40425-7

定価419円(本体388円)

×品切・重版未定

詳細を見る
親、まあ

日本文学

親、まあ

中沢 けい

少女は女になり母となる――18歳の快作「海を感じる時」で鮮烈なデビューをしてから15年、いつの間にか二児の母になっていました――涙と笑いと諷刺にあふれる必読の育児エッセイ。

  • 単行本 / 232頁
  • 1994.01.10発売
  • ISBN 978-4-309-00876-9

定価1,677円(本体1,553円)

×品切・重版未定

詳細を見る