検索結果

関 楠生 (セキ クスオ)

13件中 113件を表示 | 表示件数   件

マリー・アントワネット 上

文庫・新書

マリー・アントワネット 上

シュテファン・ツヴァイク 著 関 楠生

一七七〇年、わずか十四歳の王女がフランス王室に嫁いだ。楽しいことが大好きなだけのマリー・アントワネット。歴史はなぜか彼女をフランス革命という表舞台に引きずり出していく。伝記文学の最高傑作。

  • 河出文庫 / 368頁
  • 2006.11.07発売
  • ISBN 978-4-309-46282-0

定価702円(本体650円)

×品切・重版未定

詳細を見る
マリー・アントワネット 下

文庫・新書

マリー・アントワネット 下

シュテファン・ツヴァイク 著 関 楠生

市民達は遂にバスチーユ牢獄を解放。それはマリー・アントワネットの没落の始まりでもあった。美しさも恋も宝石も、すべて手に入れたはずだったのに――。歴史の残酷さを描いた、伝記文学の最高傑作。

  • 河出文庫 / 336頁
  • 2006.11.07発売
  • ISBN 978-4-309-46283-7

定価702円(本体650円)

×品切・重版未定

詳細を見る
世界風俗史 3

文庫・新書

世界風俗史 3
大革命のパリから現代の性解放まで

パウル・フリッシャウアー 著 関 楠生

十八世紀ヨーロッパで謳歌された性的不道徳、血と性的倒錯に酔う仏大革命、二十世紀の社会主義革命と世界大戦……現代に連なる各時代の性風俗の変遷を、真の人間解放への過程としてとらえる包括的風俗史。

  • 河出文庫 / 342頁
  • 2005.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-46253-0

定価1,188円(本体1,100円)

×品切・重版未定

詳細を見る
世界風俗史 2
  • 河出文庫 / 358頁
  • 2005.03.08発売
  • ISBN 978-4-309-46252-3

定価1,188円(本体1,100円)

×品切・重版未定

詳細を見る
世界風俗史 1
  • 河出文庫 / 334頁
  • 2005.02.08発売
  • ISBN 978-4-309-46251-6

定価1,188円(本体1,100円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ケルト人

歴史・地理・民俗

ケルト人
古代ヨーロッパ先住民族

ゲルハルト・ヘルム 著 関 楠生

ヨーロッパ文明の基底に横たわる「謎」の先住民の全貌。類書の全くない未踏の分野を最新の発掘レポートをふまえて大胆に仮説。『フェニキア人』に続く歴史大著!

  • 単行本 / 488頁
  • 1999.01.25発売
  • ISBN 978-4-309-22340-7

定価4,104円(本体3,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
フェニキア人

歴史・地理・民俗

フェニキア人
古代海洋民族の謎

ゲルハルト・ヘルム 著 関 楠生

史上初めて登場した海洋商業民族フェニキア人は記録を残さず消えてしまった。古代地中海史の空白の謎を追って、アメリカ大陸まで周航したという彼らの文明を描く歴史読物。

  • 単行本 / 444頁
  • 1999.01.25発売
  • ISBN 978-4-309-22341-4

定価4,104円(本体3,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
世界史こぼれ話

文庫・新書

世界史こぼれ話

関 楠生

ハプスブルク家の裏面史を中心に、ほんとうにそんな事実があったのかと眉にツバをつけたくなるような本当の話を世界史の中から拾い出した話のネタ本。ナポレオンの隠し子なんていたのだろうか?

  • 河出文庫 / 224頁
  • 1997.03.04発売
  • ISBN 978-4-309-47320-8

定価562円(本体520円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ヒトラーと退廃芸術

歴史・地理・民俗

ヒトラーと退廃芸術
〈退廃芸術展〉と〈大ドイツ芸術展〉

関 楠生

怪人ヒトラーが実行した近代芸術排撃政策の驚くべき実情。「退廃芸術展」「大ドイツ展」を中心にナチ前夜から戦後までの歴史を追いながら、集団心理と芸術とは何かを問う。

  • 単行本 / 256頁
  • 1992.10.30発売
  • ISBN 978-4-309-22234-9

定価2,516円(本体2,330円)

×品切・重版未定

詳細を見る
古代ローマへの道

歴史・地理・民俗

古代ローマへの道

H・シュライバー 著 関 楠生

ヨーロッパ全土をおおっていた古代ヨーロッパ街道は、軍事と通商と文化の動脈であったが、いまは隠されて判然としない。その古道を求めて実地踏査しつつそこに眠る歴史を物語る。

  • 単行本 / 424頁
  • 1989.02.20発売
  • ISBN 978-4-309-22156-4

定価2,831円(本体2,621円)

×品切・重版未定

詳細を見る
狂王伝説

外国文学

狂王伝説
ルートヴィヒ二世

関 楠生

“狂王”とよばれ、湖水に謎の死をとげたバイエルン王の夢とはなにか。ワーグナーとの宿命的な愛、国の財政を傾けてまで造った幻想的な宮殿と城。その孤独な魂を追って描く虚像と実像。

  • 単行本 / 184頁
  • 1987.01.05発売
  • ISBN 978-4-309-20096-5

定価1,620円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ヴェネチア人

歴史・地理・民俗

ヴェネチア人
沈みゆく海上都市国家

H・シュライバー 他著 関 楠生

水の都は、いま「石の船」となって海中に没しようとしている。ヨーロッパで最も美しく世界に冠たる海洋商業国家であった都の誕生から現在までを描くユニークな“都市の伝記”。

  • 単行本 / 410頁
  • 1985.08.30発売
  • ISBN 978-4-309-22117-5

定価2,705円(本体2,505円)

×品切・重版未定

詳細を見る
羞恥心の文化史

現代思想選

羞恥心の文化史

H・シュライバー関 楠生

腰布からビキニまで――伝説・文学・風俗譚などさまざまなエピソードを駆使して、衣服と裸、羞恥と露出の葛藤のなかに人類文明のすがたを浮かび上がらせる異色の風俗史!

  • 単行本 / 200頁
  • 1984.06.26発売
  • ISBN 978-4-309-70719-8

定価1,950円(本体1,806円)

×品切・重版未定

詳細を見る