検索結果

飯吉 光夫 (イイキチ ミツオ)

1935年旧満州奉天生まれ。59年東京大学独文科卒。62年同大学院修士課程修了。73~74年ベルリン・パリに滞在。首都大学東京名誉教授。パウル・ツェランをはじめとしたドイツ文学を積極的に紹介。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

廃墟のドイツ1947

外国文学

廃墟のドイツ1947
「四七年グループ」銘々伝

ハンス・ヴェルナー・リヒター 著 飯吉 光夫

ナチス崩壊、東西分裂。すべてが廃墟となった1947年ドイツで文学の呼び声があがる――グルッペ47。戦争とアウシュヴィッツの暗黒を背負い世界を震撼させた才能たちの青春の日々の記録。

  • 単行本 / 300頁
  • 2015.08.27発売
  • ISBN 978-4-309-20683-7

定価4,104円(本体3,800円)

○在庫あり

詳細を見る
残酷な女たち

文庫・新書

残酷な女たち

L・ザッヘル=マゾッホ 著 池田 信雄飯吉 光夫

八人の紳士をそれぞれ熊皮に入れ檻の中で調教する侯爵夫人の話など、滑稽かつ不気味な短篇集の表題作の他、女帝マリア・テレジアを主人公とした「風紀委員会」、御伽噺のような奇譚「醜の美学」を収録。

  • 河出文庫 / 304頁
  • 2004.05.07発売
  • ISBN 978-4-309-46243-1

定価842円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る