検索結果

宮沢 章夫 (ミヤザワ アキオ)

1956年生まれ。劇作家・演出家・作家。「遊園地再生事業団」主宰。92年『ヒネミ』で岸田國士戯曲賞、2010年『時間のかかる読書』で伊藤整文学賞を受賞。

4件中 14件を表示 | 表示件数   件

東京大学「80年代地下文化論」講義 決定版

日本文学

東京大学「80年代地下文化論」講義 決定版

宮沢 章夫

あの時代とは何だったのか? ピテカン、YMO、セゾン文化……地下から生成し、地上へと派生していった80年代の「裏文化史」。伝説の講義に増補、「現在」を読み解く上で必携の決定版。

  • 単行本 / 312頁
  • 2015.11.06発売
  • ISBN 978-4-309-02382-3

定価2,700円(本体2,500円)

○在庫あり

詳細を見る
時間のかかる読書

文庫・新書

時間のかかる読書

宮沢 章夫

脱線、飛躍、妄想、のろのろ、ぐずぐず――横光利一の名作短編「機械」を十一年かけて読んでみた。 読書の楽しみはこんな端っこのところにある。本を愛する全ての人に捧げる伊藤整賞受賞作の名作。

  • 河出文庫 / 352頁
  • 2014.12.08発売
  • ISBN 978-4-309-41336-5

定価994円(本体920円)

○在庫あり

詳細を見る
ずるずる、ラーメン

日本文学

ずるずる、ラーメン
おいしい文藝

江國 香織島本 理生藤子・F・不二雄藤子不二雄A町田 康宮沢 章夫

あの時のラーメン、あの土地のラーメン……ラーメン大好きで有名なあの人も登場!? ラーメンにまつわる名随筆32篇を収録。読めば美味しい気持ちになる、大好評シリーズ「おいしい文藝」第2弾。

  • 単行本 / 208頁
  • 2014.06.19発売
  • ISBN 978-4-309-02297-0

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
時間のかかる読書

日本文学

時間のかかる読書
横光利一『機械』を巡る素晴らしきぐずぐず

宮沢 章夫

これはいったい、どんな種類の冗談なんだ?――わずか1時間ほどで読み終わる短篇小説を、11年余の時間を費やして読み解きながら、「読むことの停滞」を味わいつくす文学エッセイ。

  • 単行本 / 292頁
  • 2009.11.09発売
  • ISBN 978-4-309-01944-4

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る