検索結果

寺門 泰彦 (テラカド ヤスヒコ)

1934年生まれ。学習院大学名誉教授。訳書に、ルシュディ『真夜中の子供たち』(早川書房)、『東と西』(平凡社)、アップダイク『一人称単数』(新潮社)、ウィリアムズ『ハード・キャンディ』(白水社)など。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

ムーア人の最後のため息

外国文学

ムーア人の最後のため息

サルマン・ルシュディ 著 寺門 泰彦

第二次大戦前の独立運動から民族対立のテロの時代まで、インド近代化を背景にした魔術的物語。ルシュディ最強のヒロインと、常人の倍の早さで老いるその息子を主人公とする傑作長篇。

  • 単行本 / 468頁
  • 2011.02.25発売
  • ISBN 978-4-309-20559-5

定価3,780円(本体3,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る