検索結果

サルマン・ルシュディ (ルシュディ,S)

1947年インド・ボンベイ生まれの英語作家。世界でももっとも注目される作家の一人。著書に『真夜中の子供たち』(英ブッカー賞受賞)、『ハルーンとお話の海』、『東と西』『悪魔の詩』『ジャガーの微笑』など。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

ムーア人の最後のため息

外国文学

ムーア人の最後のため息

サルマン・ルシュディ 著 寺門 泰彦

第二次大戦前の独立運動から民族対立のテロの時代まで、インド近代化を背景にした魔術的物語。ルシュディ最強のヒロインと、常人の倍の早さで老いるその息子を主人公とする傑作長篇。

  • 単行本 / 468頁
  • 2011.02.25発売
  • ISBN 978-4-309-20559-5

定価3,780円(本体3,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
短篇コレクション 2

池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第3集

短篇コレクション 2

アレクサンドル・グリーンジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサ 著 インゲボルク・バッハマン 11734 アントニオ・タブッキサルマン・ルシュディミシェル・ウエルベック

トマージ・ディ・ランペドゥーサ「リゲーア」、ベル「X町の一夜」、ウエルベック「ランサローテ」など新訳・初訳から、トレヴァー、タブッキなど主に20世紀ヨーロッパの名作19篇収録。

  • 単行本 / 514頁
  • 2010.11.12発売
  • ISBN 978-4-309-70970-3

定価3,456円(本体3,200円)

○在庫あり

詳細を見る
越境する世界文学

外国文学

越境する世界文学
VOICES FROM BORDER

サルマン・ルシュディP・ボウルズ 著 池澤 夏樹

現在、国家や民族の境界は流動化し、その中から新たな混合文化が生誕しつつある。その先端にいる各地域の作家、評論家の仕事を紹介、批評する全1400枚の総力特集。

  • 単行本 / 336頁
  • 1992.12.20発売
  • ISBN 978-4-309-20208-2

定価1,888円(本体1,748円)

×品切・重版未定

詳細を見る