検索結果

石井 好子 (イシイ ヨシコ)

1922年東京生まれ。52年、パリでシャンソン歌手としてデビュー。各国の舞台に出演し、帰国後はエッセイストとしても活躍。『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』(河出文庫)等著書多数。2010年逝去。

12件中 112件を表示 | 表示件数   件

人生はこよなく美しく

文庫・新書

人生はこよなく美しく

石井 好子

人生で出会った様々な人に見聞きした料理のこと、お洒落のこと、そして生きることの喜びと悲しみ――すべては食卓から溢れだす。感性で学び、それを自身に生かす。真に美しくあり続けた人のエッセンス。

  • 河出文庫 / 272頁
  • 2016.02.08発売
  • ISBN 978-4-309-41440-9

定価756円(本体700円)

○在庫あり

詳細を見る
私の小さなたからもの

文庫・新書

私の小さなたからもの

石井 好子

使い込んだ料理道具、女らしい喜びを与えてくれるコンパクト、旅先での忘れられぬ景色、今は亡き人から貰った言葉――私たちの「たからもの」は無数にある。名手による真に上質でエレガントなエッセイ。

  • 河出文庫 / 264頁
  • 2015.01.07発売
  • ISBN 978-4-309-41343-3

定価691円(本体640円)

○在庫あり

詳細を見る
ぐつぐつ、お鍋

日本文学

ぐつぐつ、お鍋
おいしい文藝

石井 好子岸本 佐知子山口 瞳

「おいしい文藝」第4弾は、寒い季節に恋しくなる「鍋」をテーマにしたエッセイ37篇を集めました。だれと囲むか、何を入れるかなど、さまざまな「鍋」のバリエーションをたのしめます。

  • 単行本 / 208頁
  • 2014.12.24発売
  • ISBN 978-4-309-02349-6

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
バタをひとさじ、玉子を3コ
  • 河出文庫 / 264頁
  • 2014.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-41295-5

定価680円(本体630円)

○在庫あり

詳細を見る
人生はこよなく美しく

日本文学

人生はこよなく美しく

石井 好子

石井好子エッセイコレクション第3弾。日本の食卓を訪ねる『ヨーロッパ家庭料理』の姉妹篇や、女優、詩人、華道家らを通し女性の美の真髄をさぐる「この人とおしゃれ」等、貴重原稿多数。

  • 単行本 / 248頁
  • 2013.02.26発売
  • ISBN 978-4-309-02161-4

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る
石井好子のヨーロッパ家庭料理

趣味・実用・芸術

石井好子のヨーロッパ家庭料理

石井 好子

ヨーロッパ各地の家々を訪ね、レストランでは味わえない家庭の味、食卓の風景を取材した、料理指南書にして第一級の食紀行。堀井和子、平松洋子の解説エッセイを特別収録。

  • 単行本 / 196頁
  • 2012.08.20発売
  • ISBN 978-4-309-27347-1

定価2,160円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
いつも異国の空の下

文庫・新書

いつも異国の空の下

石井 好子

パリを拠点にヨーロッパ各地、米国、革命前の狂騒のキューバまで――戦後の占領下に日本を飛び出し、契約書一枚で「世界を三周」、歌い歩いた八年間の移動と闘いの日々の記録。

  • 河出文庫 / 288頁
  • 2012.02.07発売
  • ISBN 978-4-309-41132-3

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
女ひとりの巴里ぐらし

文庫・新書

女ひとりの巴里ぐらし

石井 好子

キャバレー文化華やかな一九五〇年代のパリ、モンマルトルで一年間主役をはった著者の自伝的エッセイ。楽屋での芸人たちの悲喜交々、下町風情の残る街での暮らしぶりを生き生きと綴る。三島由紀夫推薦。

  • 河出文庫 / 208頁
  • 2011.11.08発売
  • ISBN 978-4-309-41116-3

定価702円(本体650円)

○在庫あり

詳細を見る
私の小さなたからもの

日本文学

私の小さなたからもの

石井 好子

「お気に入りのフライパン」「ハンブルグの絵皿」「バラのコサージ」「パリとパルファン」……人生の節目節目に出会った大切な物たちについてエッセイの名手が綴った極上のコレクション。

  • 単行本 / 248頁
  • 2011.08.23発売
  • ISBN 978-4-309-02058-7

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る
東京の空の下オムレツのにおいは流れる

文庫・新書

東京の空の下オムレツのにおいは流れる

石井 好子

ベストセラーとなった『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』の姉妹篇。大切な家族や友人との食卓、旅などについて、ユーモラスに、洒落っ気たっぷりに描く。

  • 河出文庫 / 288頁
  • 2011.08.08発売
  • ISBN 978-4-309-41099-9

定価745円(本体690円)

○在庫あり

詳細を見る
巴里の空の下オムレツのにおいは流れる

文庫・新書

巴里の空の下オムレツのにおいは流れる

石井 好子

下宿先のマダムが作ったバタたっぷりのオムレツ、レビュの仕事仲間と夜食に食べた熱々のグラティネ――一九五〇年代のパリ暮らしと思い出深い料理の数々を軽やかに歌うように綴った、料理エッセイの元祖。

  • 河出文庫 / 256頁
  • 2011.07.06発売
  • ISBN 978-4-309-41093-7

定価680円(本体630円)

○在庫あり

詳細を見る
バタをひとさじ、玉子を3コ

日本文学

バタをひとさじ、玉子を3コ

石井 好子

名著『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』の著者による単行本未収録のお料理エッセイ集。50年代のパリで培われたエレガンスとエスプリ溢れる、食いしんぼう必読の一冊。

  • 単行本 / 256頁
  • 2011.03.18発売
  • ISBN 978-4-309-02027-3

定価1,512円(本体1,400円)

△2週間~

詳細を見る