検索結果

和田 忠彦 (ワダ タダヒコ)

1952年生まれ。東京外国語大学名誉教授。訳書に、U・エーコ『女王ロアーナ、神秘の炎』『永遠のファシズム』、I・カルヴィーノ『むずかしい愛』、A・タブッキ『時は老いをいそぐ』など。

5件中 15件を表示 | 表示件数   件

ウンベルト・エーコの世界文明講義

外国文学

ウンベルト・エーコの世界文明講義

ウンベルト・エーコ 著 和田 忠彦 監訳 石田 聖子小久保 真理江柴田 瑞枝高田 和広

現代屈指の知性が、思想、哲学、文学から、メディア、サブカルチャーまで縦横無尽に語った文明の秘密。「見えないもの」「陰謀」「絶対と相対」「炎は美しい」など。図版136点。

  • 単行本 / 440頁
  • 2018.11.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-20752-0

予価4,968円(本体4,600円)

※未刊

詳細を見る
とるにたらないちいさないきちがい

外国文学

とるにたらないちいさないきちがい

アントニオ・タブッキ 著 和田 忠彦

一人の女性を愛した男3人の法廷での再会──表題作のほか、魔法の儀式、不治の病、スパイ、戦争……。『インド夜想曲』につづいて発表された幻想とめまいに満ちた11の短篇集。

  • 単行本 / 260頁
  • 2017.04.24発売
  • ISBN 978-4-309-20725-4

定価2,376円(本体2,200円)

○在庫あり

詳細を見る
イザベルに

外国文学

イザベルに
ある曼荼羅

アントニオ・タブッキ 著 和田 忠彦

ポルトガルの独裁政権下で地下活動に関わり姿を消した女性イザベルをめぐる物語。リスボン、マカオ、スイスと舞台を移しつつ9人の証言者によって紡がれる謎の曼荼羅。

  • 単行本 / 192頁
  • 2015.03.25発売
  • ISBN 978-4-309-20671-4

定価2,160円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
いつも手遅れ

外国文学

いつも手遅れ

アントニオ・タブッキ 著 和田 忠彦

ありえたかもしれないこと、後悔、恋慕、痛ましい家族の思い出……。人生の時間に限りが見えたとき、人は何を願うのか。現代イタリア文学の巨匠が18通の手紙の形で精緻に綴った短篇集。

  • 単行本 / 288頁
  • 2013.09.26発売
  • ISBN 978-4-309-20632-5

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
時は老いをいそぐ

外国文学

時は老いをいそぐ

アントニオ・タブッキ 著 和田 忠彦

東欧の元諜報部員、ハンガリー動乱で相対した2人の将軍、被曝した国連軍兵士など、ベルリンの壁崩壊後、黄昏ゆくヨーロッパで自らの記憶と共に生きる人々を静謐な筆致で描いた最新短篇集。

  • 単行本 / 224頁
  • 2012.02.22発売
  • ISBN 978-4-309-20586-1

定価2,376円(本体2,200円)

○在庫あり

詳細を見る