ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

人が時間に遅れるのか。時間が人を追い越すのか。
裏切り、恋慕、老い、後悔……。それぞれの物語を秘めた18の書簡。

単行本

イツモテオクレ

いつも手遅れ

アントニオ・タブッキ

和田 忠彦

受賞
日経

単行本 46変形 ● 288ページ
ISBN:978-4-309-20632-5 ● Cコード:0097
発売日:2013.09.26

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

  • ありえたかもしれないこと、後悔、恋慕、痛ましい家族の思い出……。人生の時間に限りが見えたとき、人は何を願うのか。現代イタリア文学の巨匠が18通の手紙の形で精緻に綴った短篇集。

    無に向かって広がる声の万華鏡。
    読めば読むほどふかみにはまる。
    タブッキに惚れたってことよ。——小池昌代(詩人)


    こうして小説になったこれらの手紙の性質はどんなものか話せと言われたら、恋文だと規定してみせるかもしれない。それは相当広い意味において、つまり広大な愛の領域と同じくらい広くて、怨恨、憤慨、郷愁、後悔といった、愛の領域とは無縁に見える未知の領域にまで広がっている。——A・T「あとがき」より

著者

アントニオ・タブッキ (タブッキ,アントニオ)

1943年イタリア生まれ。現代イタリアを代表する作家。主な作品に『インド夜想曲』『遠い水平線』『レクイエム』『逆さまゲーム』(以上、白水社)、『時は老いをいそぐ』(河出書房新社)など。2012年没。

和田 忠彦 (ワダ タダヒコ)

1952年生まれ。東京外国語大学名誉教授。著書に、『タブッキをめぐる9つの断章』(共和国)など。主な訳書にU・エーコ『小説の森散策』(岩波文庫)、I・カルヴィーノ『むずかしい愛』(岩波書店)など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳