ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

ベルリンの壁崩壊後、黄昏ゆくヨーロッパをさすらう記憶の物語

単行本

トキハオイヲイソグ

時は老いをいそぐ

アントニオ・タブッキ

和田 忠彦

受賞
朝日、日経

単行本 46変形 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-20586-1 ● Cコード:0097
発売日:2012.02.22

定価2,376円(本体2,200円)

○在庫あり

  • 東欧の元諜報部員、ハンガリー動乱で相対した2人の将軍、被曝した国連軍兵士など、ベルリンの壁崩壊後、黄昏ゆくヨーロッパで自らの記憶と共に生きる人々を静謐な筆致で描いた最新短篇集。

著者

アントニオ・タブッキ (タブッキ,アントニオ)

1943年イタリア生まれ。現代イタリアを代表する作家。主な作品に『インド夜想曲』『遠い水平線』『レクイエム』『逆さまゲーム』(以上、白水社)、『時は老いをいそぐ』(河出書房新社)など。2012年没。

和田 忠彦 (ワダ タダヒコ)

1952年生まれ。東京外国語大学教授。著書に『声、意味ではなく──私の翻訳論』(平凡社)など。主な訳書に、A・タブッキ『時は老いをいそぐ』(河出書房新社)、U・エーコ『小説の森散策』(岩波文庫)など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳