検索結果

奥泉 光 (オクイズミ ヒカル)

1956年山形県生まれ。1986年に『地の鳥 天の魚群』でデビュー。1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞、1994年『石の来歴』で芥川賞、2009年『神器』で野間文芸賞を受賞。

6件中 16件を表示 | 表示件数   件

漱石漫談

日本文学

漱石漫談

いとう せいこう奥泉 光

『こころ』はBL? 『坊っちゃん』は童貞小説? 邪道に見せて王道を行き、微笑みながらガチで斬り合う「文芸漫談」の真髄発揮。『吾輩は猫である』『三四郎』他を読み解く漱石入門書。

  • 単行本 / 256頁
  • 2017.04.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02561-2

予価1,728円(本体1,600円)

※未刊

詳細を見る
坊っちゃん忍者幕末見聞録

文庫・新書

坊っちゃん忍者幕末見聞録

奥泉 光

あの「坊っちゃん」が幕末に?! 霞流忍術を修行中の松吉は、攘夷思想にかぶれた幼なじみの悪友・寅太郎に巻き込まれ京への旅に。そして龍馬や新撰組ら志士たちと出会い……歴史ファンタジー小説の傑作。

  • 河出文庫 / 372頁
  • 2017.04.06発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41525-3

予価896円(本体830円)

※未刊

詳細を見る
夏目漱石

文藝別冊

夏目漱石
百年後に逢いましょう

奥泉 光 責任編集

2016年没後100年、17年生誕150年を迎える夏目漱石を奥泉光責任編集のもと総特集。5万字で読む漱石ベストセレクション、いとうせいこう、斎藤美奈子、高橋源一郎、水村美苗他。

  • ムック / 240頁
  • 2016.06.23発売
  • ISBN 978-4-309-97889-5

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
『吾輩は猫である』殺人事件

文庫・新書

『吾輩は猫である』殺人事件

奥泉 光

あの「猫」は生きていた?! 吾輩、ホームズ、ワトソン……苦沙弥先生殺害の謎を解くために猫たちの冒険が始まる。おなじみの迷亭、寒月、東風、さらには宿敵バスカビル家の狗も登場。超弩級ミステリー。

  • 河出文庫 / 632頁
  • 2016.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41447-8

定価1,188円(本体1,100円)

○在庫あり

詳細を見る
夏目漱石、読んじゃえば?

日本文学

14歳の世渡り術

夏目漱石、読んじゃえば?

奥泉 光 著 香日 ゆら 漫画・イラスト

漱石って文豪と言われているけど面白いの? どう読めばいいの? そもそも小説の面白さって何? 奥泉光が全く新しい読み方、伝授します。香日ゆらによる漱石案内漫画付き。

  • 単行本 / 236頁
  • 2015.04.22発売
  • ISBN 978-4-309-61692-6

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
小説の聖典

文庫・新書

小説の聖典
漫談で読む文学入門

いとう せいこう奥泉 光渡部 直己

読んでもおもしろい、書いてもおもしろい。不思議な小説の魅力を作家二人が漫談スタイルでボケてツッコむ! 笑って泣いて、読んで書いて。そこに小説がある限り……。

  • 河出文庫 / 304頁
  • 2012.11.06発売
  • ISBN 978-4-309-41186-6

定価918円(本体850円)

○在庫あり

詳細を見る