検索結果

フリオ・リャマサーレス (リャマサーレス,J)

1955年生まれ。スペイン北部のベガミアン村で生まれる。弁護士、ジャーナリストを経て、詩人、作家として活動を始める。94年に長編『狼たちの月』を発表、88年の『黄色い雨』で世界的な評価を得る。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

黄色い雨

文庫・新書

黄色い雨

フリオ・リャマサーレス 著 木村 榮一

沈黙が砂のように私を埋めつくすだろう――スペイン山奥の廃村で朽ちゆく男を描く、圧倒的死の予感に満ちた表題作に加え、傑作短篇「遮断機のない踏切」「不滅の小説」の二篇を収録。

  • 河出文庫 / 216頁
  • 2017.02.07発売
  • ISBN 978-4-309-46435-0

定価886円(本体820円)

○在庫あり

詳細を見る